アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 24食目 拓殖大学

仕事帰りに拓殖大学へと学食食べに行ってきた。

 

f:id:gakushoku2016:20160714224718j:image

 

丸ノ内線茗荷谷駅を降りて10分、拓殖大学に到着。

正門から入ろうとすると、腕を後ろに組んで仁王立ちする警備員がいた。

その姿が余りにも威圧的だったので、怖くてそのまま素通りする笑

 大学の周りを歩きながら、行くか?止めるか?自問自答していると、遠目から学生らしき人がひょっこり現われて裏口らしき場所へと入るではないか⁉︎

「チャンス到来‼︎」とばかり、後に続き中に入る笑

 

f:id:gakushoku2016:20160715003536j:image

 

閉店ギリギリに購買でボールペン(100円)を買い、食堂へ向かう。

出来て間も無いのか、すごく新しい。

学生は殆どいない。

ピアノのBGMが流れていて落ち着ける空間だ。

 

f:id:gakushoku2016:20160715003120j:image

 

生憎、お目当ての橙丼(サーモンの海鮮丼)は売り切れていたので、チキン南蛮定食にした。390円。300円台で定食が食べられるのは嬉しい‼︎ 味噌汁はワカメ入り赤だし。美味しかった。

 

f:id:gakushoku2016:20160715002101j:image

 

f:id:gakushoku2016:20160715003233j:image

 

仕事終わりで非常にお腹が空いていたので、追加で東京ラーメンを注文。280円。

普段、学食やフードコートのラーメンの安っぽい味が余り好きじゃなく敬遠しているのだが、学生が美味しそうに麺をすする姿に釣られた。笑

実際に食べてみたら、チャーシューに味が染み込んでいて丁寧な作りでこちらも美味しかった。

 

f:id:gakushoku2016:20160715004448j:image

 

そしてテーブルをよく見ると、こんなモノがあった。

学食スタッフの方々の仕事に対する熱意や努力を垣間見る事が出来た。丁寧な作りなのもこういう部分が影響しているかと思った。

 

やっぱり、「美味しかった」の一言って重要だよなあー。

 

f:id:gakushoku2016:20160715004650j:image

 

仕事で疲れた体も学食でリフレッシュし、エレベーターで最上階の展望台へ行く。

鍵がかかっていて外には出られなかったが、それでも窓越しから眺める夕焼けに染まった東京の景色は素晴らしかった。

 

f:id:gakushoku2016:20160715005815j:image