アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 66食目 東京工業大学 大岡山キャンパス

台風一過の翌日、茹だる暑さの中、東京工業大学まで行ってきた。

 

f:id:gakushoku2016:20160818074904j:image

 

東急目黒線大岡山駅を降り、徒歩0分。目の前に本日の目的地はあった。

しかしながら、東急線沿線は歩いている人も街並みもどことなくハイソな雰囲気が漂う。

 

f:id:gakushoku2016:20160818074941j:image

 

キャンパス内に入る。

 

f:id:gakushoku2016:20160818075053j:image

 

近代的な建物と歴史的な建物が共存し、今まで見た国立大学のイメージとは明らかに異なる。何だか独特だ。「国立大学あるある」の大量の自転車もここには然程見当たらない。

 

図書

 

f:id:gakushoku2016:20160818075324j:image

 

大学本部

 

f:id:gakushoku2016:20160818075413j:image

 

また、小さな子供達が芝生の上で遊んでいたり、ウッドデッキのある大きな桜並木の下で木陰に佇ずむ一般利用者がいたりと、実に開放的なムード。また、アジア系の留学生の姿が目立っていた。

 

f:id:gakushoku2016:20160818075433j:image

 

f:id:gakushoku2016:20160818080611j:image

 

キャンパス散策をほどほどに、学食に入る。

 

f:id:gakushoku2016:20160818080941j:image

 

運営は生協。東工大オリジナルメニューのユーリンチーがあったので迷わず選択する。

 

f:id:gakushoku2016:20160818081045j:image

 

ライス中 97円、豆腐とワカメの味噌汁 32円、ほうれん草の胡麻和え 64円、そしてユーリンチー356円の計549円だった。

味はまずまずだった。ナイフが見当たらなかったので、予めチキンをカットしてもらえたら有難かった…。

このところ国立大学ばかり訪問しているので、生協のスタイルにもだいぶ慣れてきた。その日の気分や体調でメニューを好きなように組み合わせられるし。

 

f:id:gakushoku2016:20160818081221j:image

 

食事をした後、購買でボールペン87円と何故か九州名産のアイス、ブラックモンブランが売っていたので購入し、ウッドデッキの桜並木の下で外国人留学生達に紛れながら食べた…。

 

f:id:gakushoku2016:20160818082446j:image

 

天気が良いのも手伝い、完全にリラックスモードな東工大 学食訪問であった。外国の公園にでもいるような感覚だった。

 

f:id:gakushoku2016:20160818082513j:image