アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 106食目 筑波大学

筑波技術大学の二つのキャンパスを訪問し、本日ラストの筑波大学まで徒歩で移動する。
度々、学生らしき人達を見掛けるも圧倒的に自転車やバイクに乗っていた。
この広〜いキャンパスを歩いているのは僕ぐらいだ…(~_~;)

なんだかんだで森の中を抜けて、本日の最終目的地 筑波大学に到着。

 

f:id:gakushoku2016:20170523002502j:image

 

例によって「国立大学あるある」の一つ、キャンパス内に夥しい数の自転車が駐輪していた。まあ、ここまで広いとやむを得ないだろうな…。

また、キャンパス内を回るシャトルバスも見かけた。

 

f:id:gakushoku2016:20170523003853j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170523004026j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170523004209j:image

 

キャンパス内には一般の大学生に混じり、様々な国籍の留学生の姿を見かけた。

この巨大なキャンパスは、さながら人種のサラダボウルとでも言ったところか⁈
流石は筑波大学である。

 

f:id:gakushoku2016:20170523004636j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170523004858j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170523005021j:image

 

'' IMAGINE THE FUTURE ''

グローバルな校風に相応しいキャッチフレーズ。
何だか、意識高い学生が集まってそうだ。

 

f:id:gakushoku2016:20170523005153j:image

 

このキャッチフレーズに限らず、留学生に配慮してか、至る所に英語表記があった。
ここまで国際的な大学は学食巡りをしていて初めてかもしれない。

さて学食だが、キャンパスの広さに比例して、当然の如く沢山あるのだが、今回は第三エリア内にあるフードコートでイタリアン(店名 粉とクリーム)を食べる事にした…。

若鶏としめじのクリームソースパスタ480円。フォカッチャ付き。

 

f:id:gakushoku2016:20170523005402j:image

 

店内はパン屋も併設されていた。
券売機で食券を購入し、カウンターで料理を受け取る。ランチタイムはとっくに過ぎているものの、依然として沢山の学生がいた。時折、英語も聞こえてくる…。

 

f:id:gakushoku2016:20170523005529j:image 

 

パスタの感想としては、ややピリ辛なクリームソースで鶏肉としめじの相性もバッチリでボリュームも申し分なかった。
あと、パン屋だからか、フォカッチャがアツアツ&モチモチしていて美味しい。クリームシチューよろしく、余ったソースに浸して食べてみた。

 

f:id:gakushoku2016:20170523003429j:image

 

食後、例によって売店で校名入りのボールペンを購入し、茨城県初の学食巡りは無事終了した。199円。
無事と書いたが、今日は三食一気に食べ歩いたせいで、今にもお腹が破裂しそうではあるのだが…(>_<)

 

f:id:gakushoku2016:20170523005753j:image

筑波大学は国立大にしては珍しく、学食も購買も生協ではなく、独自運営なのが特徴的だったな。

それから、もしこのブログ読んで筑波大学に訪れてみようと思っている人に、レンタサイクルをオススメしたい。
徒歩で移動するのは大変だし、自然公園のような広大な敷地を自転車で散策するのは一見の価値があるからである。 新緑の季節や紅葉の秋などはさぞかし素敵な場所かと思う。

 

f:id:gakushoku2016:20170523003152j:image