アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 113食目 麻布大学

今回は相模原市内の大学に絞り、学食巡りを行なってみたぞ!!

まずは麻布大学
JR横浜線矢部駅から徒歩5分。周囲は住宅街といったところだ。





麻布大学は、 1890年に東京市麻布区に東京獣医講習所を創設したのが始まりで、その後1947年に陸軍兵器学校の跡地である、ここ相模原市淵野辺に移転した。
日本でも数少ない獣医学を学べる大学として、世間では定評がある。



中に入ると、馬場を初めとして動物飼育施設やドッグランなど、動物との触れ合いを通じて学ぶ様子を随所に垣間見た。ここでは動物も立派な学生であり、教授なのかもしれない。笑
自然なほどに一体化していた。





学食は、生協運営のテラスいちょうと新しく出来たカフェテリアさくらがある。
テラスいちょうが学生達で混んでいたので、気がつくと自ずと足がさくらに向かっていた。笑



中に入ると、モンゴルのゲルみたいな円形の建物で、天井も高くて圧迫感もなく暖炉も完備していた。
客層もいちょうに比べると年齢高めで落ち着いた雰囲気である。個人的にはこちらの方が居心地がいいかも。近所のマダムらしき人達が悠長にランチしていたのが印象的だった。笑



入り口にあったディスプレイの中から、日替わりと気まぐれ丼がハーフサイズで両方味わえる麻布ランチ(クッパソースかつ丼)を食べる事にした。520円。



ソースかつ丼は正直、可もなく不可もなくの味だったのだが、クッパはにんにくと出汁が効いており、自然と箸が進む。
デザートはサーダーアンダギー。

今回は挑戦しなかったが、手作りパンとコーヒー、デザートも販売していて美味しそうだった。



食事を終え、周辺を再度散策。







帰り際に売店に立ち寄り、メタリックな校名入りボールペン280円を購入して、次の目的地である青山学院大学 相模原キャンパスへと移動するのであった…。