アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 122食目 明治大学 生田キャンパス

今回の学食巡りは、川崎市生田にある明治大学

小田急生田駅から川沿いを歩き約10分、急坂を登りきればキャンパスに到着する。

ここ生田キャンパスでは、理工学部農学部の学生が学んでいる。

 

f:id:gakushoku2016:20170224133635j:image

 

天候にも恵まれ、高台からの景色は気持ち良い。

 

f:id:gakushoku2016:20170224214036j:image

 

アライグマも出没する、のどかなキャンパス。

 

f:id:gakushoku2016:20170225230842j:image

 

今回はお腹空いていたので、真っ先に食堂館21にあるHILLSへ…。

 

f:id:gakushoku2016:20170225225517j:image

 

春休み期間中と言う事で、館内にあるもう一つの学食は休業、且つ短縮営業だったが、学生は不思議と多かった。

基本的に理系は実験が多いから、休みを返上して登校しているのだろうか?

 

f:id:gakushoku2016:20170225231202j:image

 

ショーケースを見ると、タコライスやハツ焼肉丼、それに駿河台で挑戦した明大トリプルカレー等、気になるメニューが目白押しだったが、あくまでも定食に拘るのがこのブログの信条なので、A定食のチキンフリット BBQソースにした。410円。

 

f:id:gakushoku2016:20170225231634j:image

 

運営は、aim service。

理系キャンパス = 男子学生が多い影響なのか、ボリューム満点で男のメシと言った感じだ‼︎ 特にご飯は他大の大盛くらいは軽くある(小ライスにすると50円引き)。

フリットは出来合いなので、正直冷めてはいるものの、BBQソースと程良い衣の食感が相まってすごく美味しかった。濃いめの味付けで大盛りのごはんもあっと言う間に無くなった。笑

味噌汁はワカメと油揚げだった。福神漬けはセルフ。

 

f:id:gakushoku2016:20170225232303j:image

 

お腹も満たされたと同時に、学生が押し寄せてきたので学食を退席した。

 

f:id:gakushoku2016:20170225234048j:image

 

再び外に出て辺りを散策してみる。

 

f:id:gakushoku2016:20170227015422j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170227021133j:image

 

農学部があるだけに、温室や畑もあり、学生が植物や作物に水やりをしていた。

 

f:id:gakushoku2016:20170227015512j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170227015930j:image

 

農学部OB 冒険家の植村直己氏の功績を讃えて、彼の記念モニュメントがあった。以前、板橋区にある植村冒険館に足を運んだ事があったので、非常に感慨深かった。

 

f:id:gakushoku2016:20170227020604j:image

 

キャンパスには河津桜が咲いていた。

春はもう目の前まで来ている。

 

f:id:gakushoku2016:20170227022538j:image

 

そして鳥対策も怠らない。笑

 

f:id:gakushoku2016:20170227021740j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170227021603j:image

 

今まで訪れた明治の駿河台、中野に比べると、今回の生田キャンパスは決して洗練されてはいないのだが、自然が多く、実にのどかな雰囲気であった。特に高台から眺める景色は最高だった。

また、ここを含め、全体的に明治の学食は(味、値段、食堂の雰囲気、メニューのユニークさetc)総合的にレベルが高いように思う。

残る和泉キャンパスも気になるので、改めて訪れてみたい。

 

f:id:gakushoku2016:20170227024031j:image