アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 123食目 愛知大学 豊橋キャンパス

仕事で豊橋に来たので、ついでに市内の大学へ学食巡りを行ってみた。

先ずは、愛知大学 豊橋キャンパス。

 

豊橋鉄道新豊橋駅から電車に乗り約10分、愛知大学前駅で下車。

その名の如く、ホントに大学が目の前にあって笑えた。駅下車大股10歩ぐらい。

 

f:id:gakushoku2016:20170304074447j:image

 

キャンパスに入ると、すぐ左手に学食と購買がある逍遥館(しょうようかん)があったので、先に食事をする事にした。何だか道場みたいなネーミング。

 

f:id:gakushoku2016:20170304075736j:image

 

一階の購買で恒例のボールペンを購入し、螺旋階段を上がり二階の学食へ…。

 

f:id:gakushoku2016:20170304075757j:image

 

学食の名前はCafeteria bell。

運営は生協。

 

f:id:gakushoku2016:20170304075902j:image

 

生協系にしては珍しく、日替わりランチがあったので迷わず即決。

 

ハムカツ&豚塩ダレ セット 464円 ライス中

ハムカツは厚切りに切られており、食べ応えがあった。豚塩ダレはタマネギの割合高めだった。そこはご愛嬌だな。笑

それから味噌汁が赤味噌で、愛知県に来た事を改めて実感させられた。具材はワカメとネギ。

 

f:id:gakushoku2016:20170308161421j:image

 

学食は春季短縮営業だった為、座席もつい立で半分に仕切られていた。リクルートスーツ姿の学生と部活で来たと思われるジャージ姿の学生が目立つ。
あと、近隣住民らしき人もチラホラいた。

 

f:id:gakushoku2016:20170308162137j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308165639j:image

 

食事を済ませ、キャンパス内を散策。

 

f:id:gakushoku2016:20170308162642j:image

 

愛知大学は、1946年 ここ旧豊橋陸軍予備士官学校跡地に豊橋校舎を開校したのが始まりだ。

豊橋キャンパスにも歴史を感じさせる建物があり、実に興味深い。

 

f:id:gakushoku2016:20170308163417j:image

 

大学記念館内は一般開放されており、愛知大学歴史を垣間見る事が出来る。

正面入り口は改築工事が行われていたが、見学可能という事で中に入ってみた。

 

f:id:gakushoku2016:20170308163509j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308163558j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308163905j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308163928j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308163951j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308164107j:image

 

キャンパス内は松林に囲まれている印象を受けた。

 

f:id:gakushoku2016:20170308164315j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308164205j:image

 

馬場。

 

f:id:gakushoku2016:20170308164433j:image

 

グラウンド。

 

f:id:gakushoku2016:20170308164456j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308164550j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170308165522j:image

 

愛知大学は一見、国立大学っぽい名称だが、正しくは私立大学である。

そもそも'' 愛知 '' も愛知県の意味では無く、'' 智(知)を愛する精神を尊ぶ '' という意味が正しい。⬅︎無理矢理な気がしないでもないが…(-_-;)

 

f:id:gakushoku2016:20170308164613j:image

 

歴史ある建物を堪能し、次の目的地 豊橋技術科学大学へと向かった…。

 

f:id:gakushoku2016:20170308165610j:image