アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 156食目 東京大学 駒場キャンパス

この学食巡りを始めた頃、赤門のある東大本郷キャンパスを訪れた事があったが、今回は主に1、2年生が通う駒場キャンパスをレポートしたいと思う。

 

東急井の頭線 駒場東大前駅を降りると目の前にキャンパスが現れた。

 

f:id:gakushoku2016:20171206000252j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180318015744j:image

 

早速、中に入ってみる。

 

f:id:gakushoku2016:20171206000414j:image

 

建物は、年月をかけて蓄積された日本最高学府の風格が漂っていた。

 

f:id:gakushoku2016:20180227173349j:image

 

本郷キャンパスの銀杏並木は有名だが、こちらも負けず劣らず、鮮やかな色が印象的だった。

 

f:id:gakushoku2016:20180228035555j:image

 

メインの学食は本郷と同じく生協。

駒場コミュニケーション・プラザ南館2階にあるDining 銀杏(いちょう)が生協にしては珍しくセット形式で提供しているので、今回はこちらでランチする事に決めた。

 

f:id:gakushoku2016:20180318015621j:image 

 

中に入る。

 

f:id:gakushoku2016:20180318015935j:image

 

入り口にあるディスプレイを眺め、4つのおかずをセレクト出来る「コンボ」がお得感あったのでこれにした。ライス、スープ付きで500円。

 

f:id:gakushoku2016:20180318132232j:image


オムレツ、シャケ、ポテトとブロッコリー和え物、鶏肉とニンニクの芽炒めの4品を選択。

 

席に座り、いざ実食する。

 

正直、味に関してはそれなりなのだが、その日の気分や体調で食べたい物を自由に選べるのは最大の魅力であろう。以前に僕が訪ねた東ヨーロッパの学食と同じスタイル。

提供するのに時間かかりそうだけど、是非とも日本の学食でも浸透してもらいたい。

 

f:id:gakushoku2016:20180318094957j:image

 

幸い、ランチタイムを過ぎていたので、ゆっくりと食事する事ができた。

 

f:id:gakushoku2016:20180318180133j:image

 

Dining銀杏で食事を終え、このまま帰ろうかとした矢先、ふと前回訪れた首都大学東京のフレンチレストランを思い出す。

 

「そういえば東大にもフレンチレストランあるし、一丁行ってみるか‼︎ こんな機会じゃないと中々食べないし…」

 

最近、体重増量の要因である学食ハシゴは極力自粛していのたが、今回だけはいいだろう。今回だけは…。笑

 

店名は、ルヴェ ソン ヴェール 駒場/ Lever son Verre。学食と呼ぶには些か抵抗がある、何とも落ち着きのある佇まいだ。

 

f:id:gakushoku2016:20180318181422j:image

 

店内に入ると先程とは打って変わり、年配の方々が目立つ。と言うか、学生は誰もいなかった。明らかにアラフォーの僕が最年少だったし。笑

 

f:id:gakushoku2016:20180318214550j:image

 

ランチメニューは、A肉料理とB魚料理の二つの中から選び、サラダはブュッフェスタイル。パンとコーヒーも付いて1080円とリーズナブルな値段。

 

今回はAの豚ロース肉のロティ。シェリーヴィネガーソースを注文。

 

サラダ。全体的に白っぽくなってしまった。( ̄O ̄;)

 

f:id:gakushoku2016:20180318220106j:image

 

パン。

 

f:id:gakushoku2016:20180318220321j:image

 

メインの豚ロース肉のロティ シェリーヴィネガーソース。

 

恥ずかしながら「ロティ」と聞くと、インド料理のパンを連想してしまったが、正解はフランス語でオーブンなどで焼いたと言う意味らしい。いわゆる、ロースト。

レアに焼いた豚ロース肉は柔らかくて、シェリーヴィネガーソースの酸味との相性は抜群だった。

 

f:id:gakushoku2016:20180318220931j:image

 

メインディッシュは勿論、サラダ、パン共にすごく美味しくて、思わずサラダをお代わりしてしまった。

 

f:id:gakushoku2016:20180318221531j:image

 

それにしても、1080円でここまでの料理を提供するとはまさに天晴である!!
一見、敷居が高そうだったけど、気軽にフレンチを味わえる素敵な空間だった。今度は魚料理を食べてみたい。オススメ◎

 

食後のコーヒーを優雅に飲み、今回の学食巡りを終えたのであった…。

 

f:id:gakushoku2016:20180318221912j:image