アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 165食目 澳門大学

香港からフェリーに乗り、マカオにやってきた。

昨日、主要な観光スポットを巡り、本日は澳門大学を訪ねてみた。

 

f:id:gakushoku2016:20180519153723j:image

 

カジノが集結している一角から澳門大学行きの路線バスに乗り、約20分。途中、大きな橋を渡り、更に海底トンネルを潜りながら到着した。

 

こちらのキャンパスは、2014年に中国本土の横琴島にキャンパスを移転させ、現在マカオ租借地となっている。尚、大学周囲を壁で囲まれている為、本土から入る事は出来ないそうだ。

 

f:id:gakushoku2016:20180206123720j:image

 

余りに広いので、案内地図を参考に散策してみる。

 

f:id:gakushoku2016:20180519152341j:image

 

2014年に新キャンパスへと移転しただけあって、どの建物も近代的でモダンだ。

前回の香港理工大學でも感じたが、日本の大学とは比べ物にならない圧倒的なスケール感。

 

f:id:gakushoku2016:20180519153032j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180519154406j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180519154522j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180519154906j:image

 

まるで、中国の秘めたる底力を見せつけられているようだった。

 

またマカオは現在、中国の特別行政区であるが、石畳や案内表記など、旧宗主国ポルトガルの名残りを随所に垣間見る事が出来た。

 

 

f:id:gakushoku2016:20180519153644j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180519154717j:image

 

一通り散策し終えたので、いざ学食へ…。

 

f:id:gakushoku2016:20180519155059j:image

 

今回は事前に調べておいた所で食事をしようと思っていた。

 

その名は、富臨軒。

 

f:id:gakushoku2016:20180519155601j:image

 

中に入ると、ホール係が何人もいて、学生食堂というよりも完全に高級中華レストランの雰囲気である。

しかもビジターOKからか、その大半は一般客かと思われる。

 

f:id:gakushoku2016:20180519160030j:image

 

席に座るとウェイトレスからメニューが書かれた紙を渡される。

どうやら、自分の食べたいものにチェックをするのだな。

 

f:id:gakushoku2016:20180519160315j:image

 

ここは本来、飲茶専門店なのだが、本場の美味しい炒飯を食べてみたかったので、炒飯と茹でたレタス、それにコーラを頼んだ。

 

注文から15分くらい経ち、料理が来た。

学食とは到底思えない、本格的な料理だ。笑

 

f:id:gakushoku2016:20180519161239j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180519161313j:image

 

揚州炒飯 78MOP 約1092円…先ず、ご飯のいい香りが鼻に来た。
ボリューム満点。2人前は軽くあるだろう。

アスパラみたいな野菜の茎がアクセントになっていて食感がいい。茹でたエビが沢山入っているのは嬉しい。意外にも日本で食べる炒飯より薄味。

パラパラしていてめちゃくちゃ美味い。

 

茹でたレタス 42MOP 約588円… レタス=サラダ=生で食べるしかイメージなかったので、意外な発見だった。醤油ベースのタレとの組み合わせが◎

 

今回はガッツリ食事をしてしまったが、もし再び来る事があれば飲茶に挑戦してみようかと思う。

海外学食シリーズ、これからも続けて行くのでお楽しみに〜♬

 

再見(ジョイ・ギーン)‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20180519171903j:image