アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 192食目 東洋大学 板倉キャンパス

白鷗大学を後にし、次の目的地 東洋大学 板倉キャンパスを目指した。

ちなみに先ほどの白鷗大学は栃木の小山市だったが、茨城の古河、埼玉の加須を経由し、これから群馬の板倉町へと向かうのだ。

この辺りはこれら四県が複雑に入り混じる、何とも不思議な地形だ。

 

f:id:gakushoku2016:20180731164519j:image

 

徒歩で県を越えていくと、学食巡りも一層旅をしている気分になる。地方遠征ならではの醍醐味だな。景色も素晴らしい‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20180731164626j:image

 

徒歩と電車を乗り継いで最寄りの板倉東洋大学前駅に着いた。

 

f:id:gakushoku2016:20180731165555j:image

 

気温を確認すると、37°C。

先ほどまでいた小山よりも明らかに暑い。

周りにいる女子大生は皆、日傘を差していた。

 

f:id:gakushoku2016:20180731185146j:image

 

大学に到着。

 

1997年開設の板倉キャンパスは生命科学部、食環境科学部の学生が学んでいる。

また周囲は板倉ニュータウンと呼ばれる地域で、群馬県が開発を進める一画に位置している。周りは未開発な土地がちらほらと目立つ。

 

f:id:gakushoku2016:20180731185654j:image

 

こんな時は自ずと木陰を探して歩いてしまうものだ。

 

f:id:gakushoku2016:20180731190530j:image

 

キャンパスはコンクリート打ちっ放しの洗練された建物であった。

 

f:id:gakushoku2016:20180731190815j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180807223942j:image

 

洗練された中にも自然とうまく調和した感じで落ち着く雰囲気。


f:id:gakushoku2016:20180807223947j:image

 

一通り散策を終えたところで学食。

こちらのキャンパスにはメインのCAPATINAという食堂があるのだが、あいにく僕が訪ねた時には試験期間中だからか?、既に営業終了していた。

落胆しているとカフェらしきのぼり旗を見つけたので、藁にも縋る思いで中へ入る。

 

f:id:gakushoku2016:20180807224518j:image

 

店名は「Basic coffee」。

学食と言うよりもコーヒーをメインとした小規模なカフェである。


f:id:gakushoku2016:20180807224514j:image

 

フードメニューはサンドイッチとカレーがあったが、''大盛り無料''に惹かれてポークカレーにした。380円。

味はやや甘め。手作り風で美味しかった。


f:id:gakushoku2016:20180807224524j:image

 

危うく久々の'' 学食未遂 '' になりそうになったものの、何とか食事する事が出来て一安心。

 

いつもの首都圏とは違い、今回は公共交通機関が少なく予想以上に移動が困難であった。学食巡りをする際には時間にゆとりを持って臨んだ方が賢明だ。若しくは車やバイクが効率いいかも。

それにしても暑かった…。

 

f:id:gakushoku2016:20180923122652j:image