アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 277食目 東京芸術大学 取手キャンパス

先日の上野キャンパスに引き続き、またもや東京芸術大学。今度は茨城にある取手キャンパスを訪問した。


f:id:gakushoku2016:20191228165042j:image

 

大学までは取手駅から路線バスで約15分。

利根川沿いをのんびり走りながら到着。


f:id:gakushoku2016:20191228165038j:image

 

バスを降り、辺りを見渡すと大学のキャンパスにしては随分とシンプルいうか、ミニマムな印象を抱いた。例えるならば、丘の上にポツンと最低限の建物がある感じ。自然と調和した郊外型キャンパスと言えよう。

そして、上野キャンパス以上に個性的な学生が目立つ。

 

f:id:gakushoku2016:20200114181330j:image

 

遠くに学食「芸大食堂」の看板を見つけたので矢印に従って歩く。

 

f:id:gakushoku2016:20200113214822j:image

 

芸大食堂は一般にも開放されており、建物内には食堂の他、ギャラリー、各種イベントも開催されているようだ。


f:id:gakushoku2016:20200113214827j:image

 

洗練された食堂内部。

メニューは定食、カレー、パスタの三種類。それぞれ日替わりでメニューが変わるらしい。


f:id:gakushoku2016:20200113214820j:image

 

この日は閉店ギリギリだったのでカレーしか残っていなかった。

 

本日のカレー トマトチキンカレー。780円

(学生は560円)。ご飯とポタージュはセルフ。

 

今まで食べた事のないタイプのカレー。

食器や盛りつけにも拘りを感じる。サラダの人参ドレッシングも手作り。

ちなみに食材は地元の農家から提供されていて、過剰に収穫されたもの、形が不揃いなもの、減農野菜等を使用している。この点も高評価出来る。

 

f:id:gakushoku2016:20200113214811j:image

 

欲を言えば、一般利用の値段をもう少し抑えて貰えると有難いが、手作りで且つ「若い芸術家を食で支える」というコンセプトならばやむを得ないのかもしれない。

 

純粋に食事だけするも良し、キャンパス内を散策して四季の変化を感じるも良し、イベントに参加するも良し。何もないからこそ、自分だけのオリジナルな時間を過ごせそうな場所であった。

 

http://geidaishokudo.com/

 

f:id:gakushoku2016:20200113214919j:image