アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 232食目 帝京大学 八王子キャンパス

春の学食遠征を終え、再び関東へ…。

 

今回訪れたのは、八王子にある帝京大学

帝京と言えば、板橋キャンパスの学食が個人的にお気に入りなので、訪問前から期待に胸を弾ませていた。

 

多摩モノレール大塚帝京大学駅から登り道をひたすら歩いて15分、八王子キャンパスに到着。

 

f:id:gakushoku2016:20190515212633j:image

 

途中、案内看板が所々にあり、且つ金色に輝くランドマークの高層ビルが否が応にも目に留まるので迷う心配は無いかと…。

余談だが、この高層ビル、幼少期に持っていた超合金のゴールドライタンに似ているな。

 

f:id:gakushoku2016:20190515001125j:image

 

f:id:gakushoku2016:20190515002726j:image

 

キャンパス内は金色の高層ビルに負けず劣らず、どの建物も巨大であった。

 

f:id:gakushoku2016:20190515211627j:image


f:id:gakushoku2016:20190515211650j:image

 

こちらは図書館。


f:id:gakushoku2016:20190515211608j:image

 

学食は他にもあったが、今回はあの金色の高層ビル(正式にはSORATIO SQUARE)内のSORATIO KITCHENでランチする事にした。

運営は銀座スエヒロ。


f:id:gakushoku2016:20190515211551j:image

 

エレベーターで6階まで来ると学食が現れた。

メインの学食の他、持ち帰り専用のブースで購入し、隣接するテラス席で食事をしている学生もチラホラ。

 

f:id:gakushoku2016:20190515211945j:image

 

窓からの景色。

多摩丘陵地帯が見渡せる。

 

f:id:gakushoku2016:20190515214108j:image


中に入ると、そこはまるで空港のラウンジルームを彷彿とさせる、実にモダンな空間だった。更に学食内に流れるピアノの音色が洗練された雰囲気を一層演出している。単に空腹を満たす場所では決して無く、優雅なランチタイムを過ごせる事は間違いないだろう。


f:id:gakushoku2016:20190515211916j:image

 

今回食べたのがコチラ。

 

Set Meal B
揚げ鶏のおろし煮定食 480円。

小鉢はコーヒーゼリー


今日の暑さにぴったりなサッパリとしたメニュー。

玉ねぎともやし、冷たいあんかけの絶妙なハーモニー。

見栄えも良いし、ボリュームも満足。銀座スエヒロの学食は基本的に美味しい。


f:id:gakushoku2016:20190515212001j:image

 

帰りがけに帝京ショップで校名入りシャープペンを購入。390円。

 

板橋キャンパスに限らず、八王子キャンパスの学食のレベルの高さにも圧倒された今回の訪問だった。

やはり、魅力的な学食は、学生生活を送る上でかなり重要な要素であるな。


f:id:gakushoku2016:20190515212112j:image

 

大満足!!

 

f:id:gakushoku2016:20190515212311j:image