読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 84食目 健康科学大学

富士吉田名物「吉田のうどん」が無性に食べたくなり、同時にその界隈にある大学の学食もバイクで巡ってきた。

国道246号線から138号線に入り、山中湖を目指す。途中、雄大な富士山が現れた。駿河湾から見る富士山は上品な顔つきだが、こちらから見る富士山は実にダイナミック‼︎

近くには自衛隊の駐屯地があり、関係車両が沢山通っていた。

f:id:gakushoku2016:20170215222942j:image

 

走っていて「やけに寒いな〜」と思っていたら、道路の温度計が5℃だった。もう冬だな。そのせいか、山もだいぶ紅葉している。

 

f:id:gakushoku2016:20170215223224j:image

 

身体も冷えきった所で吉田のうどんのお店に到着。学食では無いが一応アップしておく。
肉うどん(中)450円。非常に強いコシのある麺と馬肉、キャベツが特徴。また「すりだね」と呼ばれる唐辛子、ごま、山椒などから作られる薬味をかけて食べる。

 

f:id:gakushoku2016:20170215223433j:image

 

温かいうどんを食べ、身体もポカポカになり、完全復活!!
一路、河口湖町にある健康科学大学を目指した。

 

f:id:gakushoku2016:20170215223711j:image

 

大学に近づくにつれ、辺り周辺はより森林みたいな景色になっていく…。

 

f:id:gakushoku2016:20170215224136j:image

 

「本当にこんな森の奥に大学があるのか⁉︎」


一抹の不安が過ぎるも案内板を頼りにバイクを走らせて大学に着いた。

 

f:id:gakushoku2016:20170215224458j:image

 

そして校舎を見上げると、奥には富士山が見えた。何だか、スイスにでも来たような錯覚に陥った。(行った事ないけど…)
これは抜群のロケーションではないか…⁉︎
自然豊かで空気も澄んでいるし、夏場はさぞかし心地良い場所なんだろうなぁ〜。芝生の上で昼寝でもしたい。

 

f:id:gakushoku2016:20170215225226j:image

 

2003年に設立した健康科学大学は標高約1000メートルに位置し、医療、福祉を専門的に学ぶ大学である。
都留市にも別のキャンパス(看護学部)があるが、こちらは健康科学部の学生が学んでいる。

中に入り、学食へと移動する。

 

f:id:gakushoku2016:20170215225433j:image

 

25食限定の日替わり定食が売り切れていたので、ネーミングに釣られてFujiカレーにした。310円。

Fujiカレーと名乗るからには富士山みたいにご飯が山になっていて、その上からルーが冠雪の如くかぶっている絵を想像していたが、出てきたのは至って普通のカレーだった。笑
しかしながら、普通盛りにしてはかなりのボリュームなので、その豪快さがFujiなのかもしれない…(無理矢理こじつけたが)。味はやや甘口で自分好みの味だった。

 

f:id:gakushoku2016:20170215225618j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170215225808j:image

 

カレーを食べ終え、リフレッシュしたところで次の目的地 都留文科大学へと向かうのであった…。

 

f:id:gakushoku2016:20170215225934j:image 

学食巡り 83食目 北里大学 相模原キャンパス

女子美の次は北里大学

この大学も今まで訪れた医科大と同じく、病院内に併設されていた。


f:id:gakushoku2016:20161031124354j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161031124510j:image

 

案内地図を見て大学を目指す。

 

f:id:gakushoku2016:20161031124538j:image

 

他の医科大に比べると大学と病院が明確に分類されていた。とりあえず、校名入りのボールペンを買いに購買へと向かう。

 

f:id:gakushoku2016:20161031124749j:image

 

ある程度知名度があり、且つ歴史のある大学はオリジナルグッズも充実している。北里大学もTシャツ、お菓子を初めとして様々なグッズが売られていた。

ボールペン購入。140円。

 

f:id:gakushoku2016:20161031170343j:image

 

ボールペン購入後、学食のあるL1棟へ向かう。

 

f:id:gakushoku2016:20161031170823j:image

 

ランチタイムを過ぎており、生憎メインのメニューは売り切れていた。

販売中の中からアラカルト(油淋鶏)を選ぶ。510円。

運営はIVYCS。

 

f:id:gakushoku2016:20161101174511j:image

 

学食内は広めで沢山の学生達で賑わっていた。

看護系や薬学部があるからか、女子学生が目立つ。

隅の方に空いてるスペースがあったので座り、実食する。

 

f:id:gakushoku2016:20161101174809j:image

 

タレの甘みが強めだったが、ボリュームもあり美味しかった。野菜が高騰している最中、沢山のキャベツが皿の上に敷かれているのは嬉しい。そして味噌汁ではなく、コンソメ味の野菜スープだった。

今回はお腹いっぱいだったので断念したが、クレープやパフェ、パンケーキなどのデザートも充実していた。これも大勢いる女子学生を意識したメニューなのか?

 

f:id:gakushoku2016:20161101175201j:image

 

雨足は依然として弱まらず、寒さも厳しかったので早々に学食巡りを切り上げた…。

モリモリっと学食をハシゴする食欲はあれど、寒さには勝てぬ…_| ̄|○

 

f:id:gakushoku2016:20161101180042j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161101180458j:image 

 

f:id:gakushoku2016:20161102005032j:image

学食巡り 82食目 女子美術大学 相模原キャンパス

他の人の学食ブログを読むと、どのようにして女子大の学食を訪れるか?苦戦している様子が多々伺える。ある人は公開講座を受講して、ある人はキャンパス内にある博物館や展覧会へ行く名目で、またある人は自ら行くのを断念し、在校生の女友達に頼んで代わりにレポートしてもらったり…。

 

女子大は普通の大学と比べると警備が厳しく、一般利用出来ない所もあるので、男性にとっては難攻不落の城、或いは手続きがややこしい旧ソ連の国を訪れるようなものである。

仮に中に入る事が出来たとしてもアウェイの洗礼を浴びるのは明らかだ。

 

そんな中、唯一大々的に女子大学が一般開放される時がある。それは学園祭だ。

実際にブログ書いてる人達も学園祭に乗じて訪れているし、「度胸試しに行ってみるか!」と言う事で相模原にある女子美術大学へと行ってみた。そして初神奈川である。

 

f:id:gakushoku2016:20161028205200j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161028204859j:image

 

受付でパンフレットをもらい、中に入る。
会場は平日の初日という事もあり、まだ静かだ。
先輩達の作品を見に来たのか?、一般の来客に混じって付属高校生の集団が目立つ。何だか高校の文化祭に来た錯覚に陥る。

 

f:id:gakushoku2016:20161030155607j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161028204554j:image

 

学食は二号館。今年の4月にリニューアルした新しい食堂である。運営は青学と同じ、IVYCS。雨が降り出してきたので学食内には大勢の人達でごった返していた。

 

f:id:gakushoku2016:20161028204636j:image

 

メニューの中からサービスランチ(豆腐ハンバーグ) 380円とデザートにパンプリン 100円を頼む。券売機は無く、生協と同じく後会計だった。以前訪れた千葉商科大学の学食を彷彿とさせる洗練された雰囲気だ。

 

メニューもヘルシーで女子大ならでは…と言った感じ。お味噌汁の具はお麩のみ。デザートも種類が豊富で僕が食べたパンプリンも程良い甘さと素朴な感じでとても美味しかった。やはり、女子大の学食は何かが違う‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20161028205700j:image

 

食事を終え、降りしきる雨の中、キャンパス内を散策してみる。相模原公園に隣接しているだけあって、緑に囲まれていて晴れていれば、さぞかし過ごしやすいのだろう…。創作活動にも精が出そうだ。

 

f:id:gakushoku2016:20161030155531j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161030155702j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161030155450j:image

 

そして、沢山の付属高校の生徒達に混じり、明らかに場違いなおっさん達の姿をチラホラ見かけた。生徒の父親と言うよりも一人で見に来た感じだ。一様にむさ苦しい風体なのが印象的だった。

女子大の学祭というとチャラい若者共がナンパ目的で来るイメージが浮かんだが、その類いの輩は女子美には居なかった。チャラ男にとって文化系女子はタイプでは無いのかもしれない。笑

しかしながら、あのおっさん達の目的は何なんだろう?ナンパしてる様子では無いし、美術に造詣が深い雰囲気でもない。謎である。今日は少しでも怪しまれないよう、いつもより身なりを小綺麗にしてきたのだが、自分もあんな風に映っているのか…⁉︎(>_<)

 

f:id:gakushoku2016:20161030161011j:image

 

一通りキャンパスを散策し、学生の展示も見て女子美の訪問は終了した…。

女子大の学園祭、誰にでも門下は開かれているものの、そこに入るにはそれなりの「心構え」と「マナー」が大切だと悟った。

 

校名入りボールペンは無かったので、クラッチバッグを購入。

 

f:id:gakushoku2016:20161030161607j:image

学食巡り 81食目 身延山大学

今日は休日を利用して、バイクで身延山にツーリングしがてら身延山大学を訪問した。

国道一号線から富士川沿いを北上し、山梨へと向かう。途中、巨大な富士山が見えた。山頂にはうっすらと冠雪が確認出来た。

 

 f:id:gakushoku2016:20161026131831j:image

 

自然の雄大さを全身に感じ、気分も高揚する。

 

 f:id:gakushoku2016:20161026132432j:image

 

途中、休憩をはさみながら、予定より早く本日の目的地、身延山大学に到着。

 

f:id:gakushoku2016:20161027215511j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161026131423j:image

 

身延山大学日蓮宗総本山 久遠寺が設立した大学で、大学自体は創立20年そこそこであるが、全身の「善学院」を含めると実に450年の歴史がある。仏教学部のみの単科大学で、生徒数も160名とかなり小規模な大学である。

 

大学の周囲は山、山、山、と言った具合。

今まで訪れた大学の中ではダントツに険しい立地である。但し、俗世間から逃れて勉強に励んだり、心身を修行するには格好の環境ではないだろうか?空気も澄んでいて身が締まる気分だ。さすがは総本山の名に相応しい場所である。

 

f:id:gakushoku2016:20161027214834j:image

 

キャンパス内に入ると当然だが、坊主頭の学生や職員の姿が目立つ。

学食は校舎とは別に併設されていた。

少し早いが大丈夫と言う事で、一番乗りで食事をする。

 

f:id:gakushoku2016:20161027215921j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161027221514j:image

 

学食内にこんなものが…。

これも仏教系の大学ならではである。

 

f:id:gakushoku2016:20161027221559j:image

 

今回注文したのは、日替わりメニューの煮豚丼と温かいそば 500円。カウンター越しに精算する。

 

仏教系だから精進料理みたいな学食かと思いきや、から揚げ定食やカレー、ラーメンなど一般の大学と至って変わらなかった。

現代っ子は僧侶でも食事に関しては普通なのかもしれない。

ちなみに味は可もなく不可もなくと言ったところか…。但し、トッピングで天かすと漬け物が無料だったのが嬉しい。

 

f:id:gakushoku2016:20161027222113j:image

 

食事を終え、お腹も満たされたので久遠寺を参拝しつつ、ロープウェイで身延山山頂を目指した。

 

f:id:gakushoku2016:20161027223046j:image

 

途中、かなり急勾配な階段を登ったので、膝がガクガクになった。

こういう類のお寺や神社には決まって何百段も続く険しい階段がセットであるよな。

 

f:id:gakushoku2016:20161029122018j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161029123302j:image

 

山頂まで登山だと2時間半くらいかかるらしいが、ロープウェイだと7分で着く。笑

 

f:id:gakushoku2016:20161029122441j:image

 

この日は天気も良く、雲も無い青空だったので山頂からの景色は絶景だった。富士山も見えたし。

 

f:id:gakushoku2016:20161029122849j:image

 

川の遥か向こうからここまでやってきたと思うと感慨深いものがある。

 

f:id:gakushoku2016:20161029122954j:image

 

今回は今までにない、ワイルドさと大自然を存分に味わった学食巡りとなった。ツーリングや旅と併用して訪ねるのも面白い!

気分もリフレッシュできた。また地方の大学へと足を運んでみよう。

 

f:id:gakushoku2016:20161029123034j:image

学食巡り 80食目 和光大学

玉川の学食訪問を終え、隣駅の鶴川で下車して和光大学へと移動する。

 

f:id:gakushoku2016:20161024164513j:image

 

この大学、「異質力で輝く」というキャッチコピーの如く、自由を重んじる校風で、かつては校内で焚き火や自炊をしたり、授業でパンクバンドのライブが行われたり、3日間ぶっ通しで学園祭が開催されていた。

また、OB OGには多数のクリエイターがおり、個人的に一度は訪れてみたい大学の一つであった。

 

先程訪れた玉川学園とは共に成城学園から分離したが、全く校風が違うのが興味深い。笑

20分程歩いて大学に到着。

 

f:id:gakushoku2016:20161019135432j:image

 

挨拶代わりに、入口にこんな看板が…⁉︎

しかしながら、平成のご時世にまだこのような人達がいるのだろうか?

 

f:id:gakushoku2016:20161024165454j:image

 

坂を登ると建物が見えた。果たして階段の向こう側には何があるのか?期待も高まる。

 

f:id:gakushoku2016:20161024165634j:image

 

キャンパスの中に入ると、明らかに玉川大学とは違う空気を感じた。個性的な学生も多く、路上で古本を売っている学生や講師らしき人がカレーとココアの屋台を出していた。何だかすごく楽しいぞ‼︎ イメージ通りで嬉しい。*\(^o^)/*

 

 f:id:gakushoku2016:20161025010930j:image

 

そしてこんな掲示があったり(いやいや、学校で花火する事自体ダメでしょ)、

 

f:id:gakushoku2016:20161025011743j:image

 

謎の人形が吊るされていたりした…。

 

f:id:gakushoku2016:20161025012127j:image

 

グラウンドでは学生達が野球をやっていた。

 

f:id:gakushoku2016:20161029172426j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161029172603j:image

 

学食はE棟にある。運営は生協。

 

f:id:gakushoku2016:20161029172803j:image

 

ご当地グルメフェアを開催していて、名古屋の台湾ラーメンがあったので煮卵付けて食べてみる事にした。台湾ラーメン453円 煮卵64円 計517円

 

f:id:gakushoku2016:20161029173109j:image

 

以前、名古屋へ旅行した時、本場の台湾ラーメンを食べた事があったが、あまりの激辛具合にスープはもちろん、全部食べる事が出来なかった…。

しかしながら、こちらの台湾ラーメンはそこまでは辛くなくて食べやすかった。個人的にはこの位で丁度いいかな。笑

 

f:id:gakushoku2016:20161029173559j:image

 

f:id:gakushoku2016:20161029173624j:image

 

初代学長 梅根悟氏が提唱した「小さな実験大学」は、かつて程では無いにせよ、依然として自由な校風が随所に見受けられた。

今回の玉川ー和光学食巡りは中々刺激的な訪問となった。

 

f:id:gakushoku2016:20161029172651j:image

学食巡り 79食目 玉川大学

今日は小田急線に乗って町田にある玉川大学までやってきた。

 

f:id:gakushoku2016:20161019233604j:image

 

厳密に言うと本部は町田なのだが、敷地が横浜と川崎にもまたがっており、且つキャンパス下を小田急線が通っているという極めてユニークな地形である。

しかしながら、幼稚園から大学まで同じ敷地内にあり、且つ東京ディズニーランドよりも広いので、そうなるのも納得出来る。

 

玉川学園前駅を降りてキャンパスへ向かう。

途中、グッズを取り扱う売店や書店があった。恒例の校名入りボールペンを購入。108円。専門に設けてあるだけあってボールペンに限らず、食品、衣料に至るまで、かなり豊富な品揃えだった。玉川ブランドとして確立している。

 

f:id:gakushoku2016:20161020000038j:image

 

正門前には複数の守衛さんがテキパキと誘導していた。一礼して中に入る。

 

f:id:gakushoku2016:20161020000230j:image

 

中に入ると、そこはまるで外国に来たかの如く、ハイソな佇まいと緑が生い茂る独特な世界であった…。

そしてめちゃくちゃ広い‼︎ これは以前に訪れた中央や創価に匹敵、いやそれ以上か⁉︎

 

f:id:gakushoku2016:20161020000504j:image

 

学校というよりも公園みたいな感じである。

 

f:id:gakushoku2016:20161020000748j:image

 

広過ぎて迷子になりそうだったので、一先ず一番最初に見つけた「りんどう」で食事をする事にした。

 

f:id:gakushoku2016:20161020001146j:image

 

中に入ると、ゴルフ場のレストランのような雰囲気だ。レトロ具合がいい。しかも、かつては入口で食券を購入していたかのような受付があった(今は券売機)。

 

f:id:gakushoku2016:20161020193555j:image

 

券売機で豚肉の生姜焼き定食 520円を購入。

 

f:id:gakushoku2016:20161020002446j:image

 

カウンターでチケットを渡し、しばし待つ。

オーダーが入るとその場で調理してくれた。

席に座り、実食。
520円と学食としてはやや高め設定だが、ボリュームもあり、熱々なのは嬉しい。
味噌汁では無く、コーンポタージュなのが他の学食とは一線を画している。

学食自体もゴルフ場のレストラン風である。高級感がほのかに漂っていたな。

 

f:id:gakushoku2016:20161020002410j:image

 

食事を済ませ、今度は「KEYAKI」という別の学食へと向かう。

 

f:id:gakushoku2016:20161020215110j:image

 

中に入ると沢山の学生達で賑わっていた。

バツが悪く、一瞬躊躇するも意を決して1階のカフェでお茶をする事にした。

オシャレな店内は、ほぼ女子学生達で埋め尽くされ、一人でいたオタク系男子がかなり浮いていた。

彼の近くに座り(笑)、プリンタルト200円 アイスコーヒー玉川ブレンド 230円を注文。

コーヒーは苦味も無く、スッキリしていて飲み易かった。プリンタルトはエッグタルトみたいな感じ。ここに女子学生が屯するのも頷ける。

 

f:id:gakushoku2016:20161020220300j:image

 

今回の玉川大学の訪問は、久々に場の雰囲気に呑まれてしまった…(~_~;)

但し、もし自分がここの学生だったら、すごく素敵な思い出を築けそうな環境でもあった…。

しかしながら、お金持ちなイメージそのままだったなぁ〜。いやぁ、玉川大学すごいわ。

 

f:id:gakushoku2016:20161020234233j:image

学食巡り 78食目 日本大学 国際関係学部 三島北口校舎

先日、日本大学 三島キャンパスを訪れた際、三島駅前にも別の校舎があり、そこにも学食があるという情報を入手したので行ってみた。

 

f:id:gakushoku2016:20161005183352j:image

 

本校舎とは徒歩10分位離れているかな…⁈

入り口に向かうとこんな案内があった。

一般利用の際には注意したいものだ。

 

f:id:gakushoku2016:20161005190622j:image

 

別件の用事を済ませた後、不意に訪れた為、14時過ぎに到着。7階の学食(ダイニング桜)へと向かう。

 

f:id:gakushoku2016:20161005191123j:image

 

案の定、メインの定食は軒並み売り切れで、その中から特選丼 並(ジャンバラヤ) 410円をチョイス。ご飯は正直なところ、作り置きした感が否めないものの、チキンはキチンと下味がついていて美味しかった。味噌汁はワカメと油揚げ。

あと、給茶機がよく通う帝京大の学食と同じものだった(水、緑茶、ウーロン茶の3種類)。

 

f:id:gakushoku2016:20161005214829j:image

 

さすがに7階にあるだけあって景色はいい。

三島の街はもちろん、近隣の沼津、伊豆、箱根も見晴らせて食欲も進む…。

 

f:id:gakushoku2016:20161005214546j:image

 

窓の向こうに本校舎が見える。

 

f:id:gakushoku2016:20161005215213j:image

 

学食内はランチタイムを過ぎていたので空いており、一般でも利用し易い雰囲気だった。

そして何よりも駅前というアクセスの良さが最大の魅力‼︎

新幹線や在来線の乗り換え時等、うまく時間が合えば利用してみてもいいのではないでしょうか?

 

f:id:gakushoku2016:20161005191350j:image