アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 291食目 田原福祉グローバル専門学校

久しぶりの学食巡りは大学では無く、専門学校。先日、渥美半島を訪れた際に立ち寄ってみた。

 

f:id:gakushoku2016:20210408233553j:image

 

今回紹介するのは田原市にある田原福祉グローバル専門学校の学食、Cafe 2910(偶然にも今回の訪問が291食目なのが何かの縁を感じる)。

2021.4月にオープンしたばかりの新しいお店。

学食は一般開放されており、駐車場もきちんと完備。学食と言われなければ普通のお洒落カフェのような佇まいだ。また校舎とは敷地が完全に分かれているので、一般の人でも気兼ねなく利用出来そう。


f:id:gakushoku2016:20210408233535j:image

 

店内に入ると、流石は'' NY風カフェ''と銘打っているだけあって、内装や家具から拘りが伝わってくる。天井は高さがあり開放的だ。また店外にはテラス席が設けられ、これからの季節にはもってこいかも。

 

客層は近隣の方々や熟年夫婦、子供連れたママ友などの利用者が目立つ。学生は授業中なのか、少数派だった。


f:id:gakushoku2016:20210408233544j:image

 

メインの日替わりランチは肉と魚の二つから選べる。

特筆すべき点は、副菜、パンorライス、味噌汁or豚汁などをカウンター越しにスタッフが好みを聞いてセレクト出来る事。例えるならば、サブウェイのサンドイッチみたいに自分好みの定食にカスタマイズ出来るのだ。

「いちいちそんな事していたら時間かかって昼休み無くなるのでは?」と危惧しそうだが、スタッフの人数も多く、スムーズに列が流れていた。

 

この日僕が選んだのは、ランチC 揚げ魚のチリソース 単品一般760円(学生は割引価格になる)。

女性を意識したのか、ご飯の量はやや少なめだが、全体的にボリュームあるので問題なかった。まあ、サラダの代わりにフライドポテトにすれば満腹になるだろう。

更に欲張りの人には肉と魚のダブルセットをどうぞ。笑

あと、豚汁が赤味噌だったのが何とも愛知らしい。


f:id:gakushoku2016:20210408233539j:image

 

全体的に栄養のバランス、彩り、味も美味しかった。

カフェの洗練さも兼ね備えた新しいタイプの学生食堂と言った具合で個人的には大満足。

こんなに素敵な学食で毎日ランチ出来たら、さぞかし学生生活も充実するだろうね。羨まし過ぎる!!

 

因みにこちらの学校は、元々田原市が運営する公立の福祉専門学校であったが、今春から社会福祉法人が引き継ぐ。カフェと共に新たな歴史を刻んでいく事となるだろう。

 

f:id:gakushoku2016:20210409121503j:image

現地まで行くのが困難だった大学 三校!!

コロナの勢いが一向に収まる気配がなく、更に最近では新型も出てきている有様。

このブログも暫くネタが続きそうです。

 

さて2021年一発目は、これまでに訪ねた大学で現地まで行くのが困難だった三校を紹介。

 

f:id:gakushoku2016:20210122223841p:image

 

先ずは星槎大学 箱根キャンパス。

 

f:id:gakushoku2016:20210210225441j:image

 

https://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2017/07/10/141037

 

初めて星槎大学を知った時、「箱根に大学⁉︎」と驚かずにはいられなかった。半信半疑な気持ちを抱きつつ、雪が残る山道を転倒しないようにバイクで恐る恐る走った記憶が鮮明に蘇る。

星槎大学通信制の大学で、箱根を初めとして全国にキャンパスや学習センターがある。

そして廃校になった中学校を利用したキャンパスはどこか懐かしく、学食は教室をリノベーションしたものだった。

その場に居合わせた職員の方々と談笑しながらランチしたのが今となればいい思い出。何だか中学時代に戻り、給食を食べているような擬似体験を味わえた。

 

 

二校目は長岡技術科学大学

 

f:id:gakushoku2016:20210210230556j:image


f:id:gakushoku2016:20210210230600j:image

 

https://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2019/03/08/164406

 

「雪景色の見える学食」を求めて新潟を旅している最中、長岡市にある長岡技術科学大学を訪ねた。しかしながら「大学入口」のバス停から正門までが中々の距離で、おまけに積雪で地面がロクに見えない中、一歩一歩確かめながら慎重に進んだ。ようやく辿り着いた時には膝から下は雪でびしょ濡れになってしまった。

一時間バスを待てばこんなに苦労せず、正門まで行かれたのに…。

せっかちな自分の性格を反省した次第である。

 

 

最後は身延山大学

 

f:id:gakushoku2016:20210210231007j:image


f:id:gakushoku2016:20210210231003j:image

 

https://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2017/02/06/144222

 

山梨の身延山にある久遠寺が運営している仏教系の大学。学生数は約120名とかなりの少数。

星槎大学同様、こちらもバイクで行ってきたが、僧侶養成を主な目的としている大学なだけに立地も険しく、山道をひたすら登って行った印象が強い。

キャンパス及び、その周辺は僧侶の方々が多数見られ、時折自分が何をしにここまで来たのかわからなくなった。明らかに部外者なのがバレバレ。

 

また、学食で食事した後に訪ねた身延山山頂からの景色は見事だった。必見!!

キャンパスがオシャレだった大学 三校!!

今回は、これまでに訪れた国内の大学でキャンパスがオシャレだった三校を挙げてみようかと思います。

 

f:id:gakushoku2016:20201109000106p:image

 

先ずは関西学院大学

 

http://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2018/06/21/185518

 

ここは僕が語らずとも多くのメディアで取り上げられており、敢えて書くのを止めようかと悩みましたが、実際にこの目で見たら想像以上に良かったので挙げちゃいました。

所謂、ヴォーリズ建築と言われる歴史ある建物自体も素晴らしいのですが、特筆すべき点は正門からキャンパス奥に見える甲山までの軸線をきちんと計算して作られており、この景観は一見の価値有りかと思います。こんなキャンパスで学生時代を過ごしたかったー!


f:id:gakushoku2016:20200719145212j:image

 

二校目は埼玉県立大学

 

http://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2016/09/21/013715

 

「意外な大学が!!」と思った方もいるかもしれませんが、コンクリート打ちっぱなしの洗練された建物は、好きな人には堪らないはず。僕もその一人で、この時は本来の目的を忘れて撮影に夢中になってしまいました。

こちらの大学は、このブログを始めた頃に訪問した事もあり、今でも鮮明に記憶しています。

職員の方々の対応も親切だった。

あと看護、福祉系の大学なので女子学生が多く、華やかな雰囲気でしたね。それを含めての男目線なランクイン!!

 

f:id:gakushoku2016:20200729182351j:image

 

三校目は成蹊大学

 

http://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2016/11/08/153145

 

ご存知、安倍晋三元総理の母校。

歴史を感じさせる赤茶色の建物は、新設校にはない圧倒的な存在感と気品を醸し出している。

またSF映画に出てきそうな近未来的な図書館や武蔵野市指定天然記念物に指定された欅並木も必見!!

まあ、キャンパスが吉祥寺にある時点で、既にお洒落な要素は満たしているようなものだ。

 

情報図書館

http://kousin242.sakura.ne.jp/blogs/fff/%E9%96%A2%E6%9D%B1/%E6%88%90%E8%B9%8A%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8/

 

f:id:gakushoku2016:20201130183545j:image

 

以上、パッと浮かんだ三校を紹介しましたが、正直言ってまだまだオシャレなキャンパスはあります。コロナが落ち着いたら観光がてら見学してみるのもいいかもしれないですね。

学食巡り 290食目 山梨大学 医学部キャンパス

旅行中、休憩がてらお茶でも…と思い、立ち寄ってみたのが中央市にある山梨大学 医学部キャンパス。

 

f:id:gakushoku2016:20201007105721j:image

 

他の医科大学同様、附属病院が併設されており、学生よりも一般の人ばかり目立つ。と言うより、大学が病院内に併設されている感じだ。

そして当然の如く、新型コロナの影響で面会者ですら院内立ち入り不可と言う状況なので、学食は潔く諦め、代わりに敷地内に併設されているスターバックスコーヒーで休憩する事にした。

 

f:id:gakushoku2016:20201007105844j:image

 

幸い、こちらは病院とは完全に隔離されているし、近隣住民らしき人達も店内でお茶している。特に立入禁止等の案内も無いので中に入ってみる事にした。

まあ、「学食」の括りで考えると違うかもですが、この状況下なので大目に見て下さい。


f:id:gakushoku2016:20201007105851j:image

 

入り口にはアルコール消毒液が設置され、入店の際はマスク着用、そして各席毎にアクリル製の仕切り板が設置されていた。コロナ禍以降、至る店舗で見かけるお馴染みの光景である。すっかり慣れてしまった自分が逆に悲しい。

 

Sアイスコーヒー 290円とシュガードーナツ230円を注文。

 

f:id:gakushoku2016:20201007105841j:image

 

紅葉しかけた樹々をぼんやりと見ながら、感傷的な気分になる。

例年、この時期は学園祭シーズン真っ只中だが、今年は多くの大学が中止、或いはオンラインでの開催のようだ。

ヨーロッパでは再び感染者数が増加して一向に収束する気配も無い。

以前のような平穏な生活は取り戻せるのか?気兼ねなく、学食訪問出来る日はやってくるのだろうか?

 

f:id:gakushoku2016:20201007105848j:image

学食巡り 289食目 信州大学 松本キャンパス

今年のお正月以降、学食巡りを自粛していたのだが、今回久しぶりに再開してみた。

訪れたのは、信州大学 松本キャンパス。

 

f:id:gakushoku2016:20201007224843j:image

 

松本キャンパスには大学本部があり、人文、経法、理学、医学部、そして全学部の1年生がこちらで学んでいる。

また教育、工学部は長野第一、第二キャンパス、繊維学部は上田キャンパス、農学部は伊那キャンパスと長野県全域に跨ってキャンパスが分かれており、これは全国的に見てもかなり珍しい特徴と言えよう。


f:id:gakushoku2016:20201103095817j:image

 

キャンパス内を歩く。

掲示板や部室、そして国立大学お馴染みの構内に駐輪された自転車が、長いブランクで鈍っていた僕の記憶を一気に呼び戻してくれた。

 

「そうそう、これこれ。この感覚だ!」


f:id:gakushoku2016:20201103095755j:image


f:id:gakushoku2016:20201103095810j:image

 

f:id:gakushoku2016:20201103100052j:image

 

周りを見渡すと予想以上に学生がいて驚かされた。マスク姿を除けば、今までと何ら変わらない光景だ。後期になって対面授業が徐々に始まりつつあるのだろうか?

 

f:id:gakushoku2016:20201103103114j:image


f:id:gakushoku2016:20201103103124j:image

 

キャンパスに併設された医学部附属病院。

 

f:id:gakushoku2016:20201103103128j:image

学食は案内地図を見た限り、四ヶ所。

何れも生協運営だが、旭会館の二階ライジングSUNが喫茶店風で気になったので、今回はここで食事する事に決めた。


f:id:gakushoku2016:20201103095759j:image

 

階段を上ると人目を憚るように食堂があった。

ライジングSUN」のネーミングとは真逆の控えめさに思わず拍子抜けする。


f:id:gakushoku2016:20201103095839j:image

 

一般的な生協の食堂と異なり、ホールスタッフにメニューを伝え、伝票を持って会計するスタイルだった。

一階の食堂に比べると学生は皆無で、教職員らしき人達と僕のような一般利用者しかいなかった。活気はないが、クラシックが流れる店内で落ち着いて食事が出来そう。



f:id:gakushoku2016:20201103095827j:image

 

各座席にはパーテーションが仕切られ、対面で利用出来ないようにテーブルに注意書が貼ってあった。そして、お客が店を出るとスタッフが念入りに消毒している姿が印象的だった。何だか、一気に現実に引き戻された気分である。


f:id:gakushoku2016:20201103095850j:image

 

ランチB 550円。

ポークジンジャー トマトソース。

 

味はいわゆる学食の味。だが、生協で定食が食べられるレア感と久しぶりの学食に大感激!!


f:id:gakushoku2016:20201103095836j:image

 

食事を済ませ、学食巡り恒例のお土産、校名入りボールペン 88円とTシャツ 968円、そして農学部 手作りリンゴジャム 330円を購入し、長野を後にしたのであった。

 

f:id:gakushoku2016:20201103104016j:image

学食巡り 番外編 ラーメン大学 辰野店

コロナ禍で満足に学食巡りが出来ないこの頃。

しかしながら、そんな僕に朗報が…!!

長野県に「ラーメン大学」なるラーメンチェーン店があると聞き、Go to トラベルを利用して旅行がてら'' 一日体験入学''してみたぞ。


f:id:gakushoku2016:20201006232456j:image

今回訪れたのはラーメン大学 辰野店。

店舗入り口には学生帽を被った大ちゃんが笑顔でお出迎え。昨今のゆるキャラには無い、レトロで素朴なマスコットキャラクターだ。

 

f:id:gakushoku2016:20201006232723j:image

 

ランチタイムを過ぎていた為、店内には他の客は誰もいなかった。ラーメン屋ながらもどことなくアメリカンダイナーな雰囲気も漂う。


f:id:gakushoku2016:20201006232726j:image

今回頼んだのは、人気No.1メニュー、こて味噌ラーメン 820円。

 

f:id:gakushoku2016:20201006233103j:image

 

厳選された信州産の味噌を使用した濃厚な味噌ラーメン。麺は太麺で炒めたもやし、玉ねぎ、挽肉がこんもりと盛られており、見た目以上に量があった。食べ応えあり、美味しい。

まさに寒冷地ならではの味噌ラーメンと言った具合で冷えきった身体もポカポカに温まった。


f:id:gakushoku2016:20201006233107j:image

 

余談だが、長野の人達は「最終学歴はラーメン大学」と冗談で言い合うほど、地域に根付いているらしい。

 

最後に、ユル過ぎるラーメン大学のCMの動画を発見したので貼っておこう。

 

https://m.youtube.com/watch?v=3bZbT5MviIA


f:id:gakushoku2016:20201006233110j:image

胃袋を満たしたければ、大東亜帝国へ行け!

何とも極端なタイトルで恐縮ですが、いわゆる都内の私立大学群の括りである大東亜帝国(大…大東文化大学、東…東海大学、亜…亜細亜大学、帝…帝京大学、国…国士舘大学)の学食は全体的にレベルが高く、美味しかった印象があるんですよ。

 

f:id:gakushoku2016:20200908221815j:image

 

僕のお気に入りの帝京大学 板橋キャンパスのゴデレッジョを筆頭に、学食なのにメガ盛り国士舘 町田キャンパスのルポ、メニューが豊富でお洒落な亜細亜大学の学食ASIA PLAZA、業者に委託せず、自ら学食を運営している東海大学など…。

 

f:id:gakushoku2016:20200910223442j:image

写真:帝京大学 ゴデレッジョのステーキ定食。

 

もちろん大学を選ぶ際に学食が全てでは無いのは重々承知しています。

けれど、個人的にランチタイムというのは一日において、非常に大切な時間だと思うのです。美味しい食事って自ずと幸せな気持ちになるし、気分が良いと仲間との会話も弾む。そしてリフレッシュした後は午後の授業にも一層力が入るのでは無いでしょうか?

 

f:id:gakushoku2016:20201003165537j:image

トレイからハミ出てしまっている国士舘大学 町田キャンパス ルポの春のスペシャル定食 。

 

今まで300近くのキャンパスを訪ねてみて、正直大学によって、こんなにも学食が違うのか!と驚かされました。どこの大学の学食とは言いませんが、品数自体が少なく、冷凍物メインで栄養バランスも味も見た目も今ひとつ。しかも値段が安いどころか寧ろ高かったりする。

おそらく、大学という閉ざされた空間で他店との競合も無ければ、自然と味やサービスも低下してしまうのかもしれない。所謂、殿様商売ってやつですね。これでは学生が余りにも気の毒過ぎる。ステーキは出さなくてもいいけど、もう少し一手間加えれば改善出来そうなのに…。

 

f:id:gakushoku2016:20201003170259j:image

根室産のさんまを使用した、限定メニューのさんまの照り焼き重。東海大学代々木キャンパス Y cafe。北海道さんま祭りにて。

 

正直、今はコロナ禍で中々難しいのですが、受験生の中で、もしも幾つかの志望校で悩んでいるのならば、キャンパスまで足を運び、見学ついでに学食で食事してみる事を強く勧めます。

きっと受験勉強にも力が入りますよ。