アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 276食目 流通経済大学 龍ヶ崎キャンパス

千葉を離れ、一旦茨城へ移動。

本日訪れた大学は流通経済大学 龍ヶ崎キャンパス。


f:id:gakushoku2016:20200110210434j:image

以前に千葉の松戸キャンパスへと学食巡りを行ったが、入学の際、松戸かこちらの龍ヶ崎キャンパスを選択出来るらしい(一部例外有り)。

基本的にキャンパスは有無を言わずに決まってしまうだけに、これはユニークなシステムである。

 

f:id:gakushoku2016:20200115220119j:image

 

守衛さんに一声かけて中に入る。

威風堂々としたブロンズ像が目を引く。


f:id:gakushoku2016:20200115215922j:image

 

キャンパス内を歩いていると洒落たスポーツウェアに身を包んだ年配者の姿を度々見掛けた。

地域住民にも開放しているようなので、何かの講座の受講生なのだろうか?

そして松戸キャンパスに比べると、体育会系の学生が目立つせいか、爽やかな学生が多い印象だ。


f:id:gakushoku2016:20200115215920j:image

 

あとキャンパス内には散策出来る場所があるので、自然を満喫したいならば、龍ヶ崎キャンパスが絶対にオススメだと思う。

のんびり過ごせる事間違いない。


f:id:gakushoku2016:20200115215903j:image


f:id:gakushoku2016:20200115215912j:image

 

さて、学食。

学食は澤村記念館内にある。

 

f:id:gakushoku2016:20200115160605j:image

 

メニューは日替り定食A,B(それぞれ肉と魚)をメインに麺類、丼、カレーが後に続く感じ。

日替わりも何種類か選択する事が出来き、しばし悩む。


f:id:gakushoku2016:20200115160555j:image

 

結局、日替りA定食 赤魚と麻婆豆腐をチョイス。

420円。

 

身体にやさしいメニュー。

アラフォーには揚げ物よりも煮魚の方が有難い。麻婆豆腐の小鉢ついて、この値段はかなりお得!!まさにおふくろの味と言った具合で安定の美味さだった。オススメ◎


f:id:gakushoku2016:20200115160542j:image

 

余談だが、帰りに龍ヶ崎駅から関東鉄道に乗ると車内の吊り革がコロッケだった。

どうやら、龍ヶ崎はコロッケで街おこしをしているみたい。中々シュールな絵面だな。

尚、学食のメニューにコロッケがあったかは定かではない。


f:id:gakushoku2016:20200115160533j:image

 

f:id:gakushoku2016:20200115215631j:image

学食巡り 275食目 千葉工業大学 新習志野キャンパス

新浦安駅から京葉線に乗り、新習志野駅で下車。続いて訪れたのは千葉工業大学 新習志野キャンパス。一、二年生が学んでいる。

 

f:id:gakushoku2016:20191211233605j:image

 

このブログを始めたばかりの頃、主に三、四年生が学ぶ津田沼キャンパスへと訪問した事があった。懐かしい。

 

参考までに。

http://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2016/09/27/022205


f:id:gakushoku2016:20200102013053j:image

 

キャンパス自体は、地方国立大学のように広大な敷地を自転車で右往左往と移動する訳ではなく、寧ろ徒歩で十分に歩き回れるコンパクトなサイズ感。

また理系大学にしては女子学生の姿が目立つ。

男子も所謂、'' 陽キャ '' な学生が多い印象だ。

 

f:id:gakushoku2016:20200104223349j:image

 

クリスマス時期だからか?、ベンチの周りにイルミネーション装飾が施されていた。

このようなカップル席が設けられるのも一定数の女子がいる証拠である。

 

「あのベンチ、前々からインスタ映えしそうで気になってたんだけど、俺一人じゃ恥ずかしいから一緒に座ってくれない?」

 

こんな口実をつけて意中の子を誘い出してもいいだろう。


f:id:gakushoku2016:20200104223352j:image

 

図書館。


f:id:gakushoku2016:20200104223345j:image

 

人工芝の緑が映えるフットサル場。


f:id:gakushoku2016:20200104223358j:image

 

学食は食堂棟にある。

 

f:id:gakushoku2016:20200104165954j:image

 

チューインガムのようなカラフルなイスが特徴的。

二階にも学食があり、収容人数は多い。

広々としていて食事し易い環境だ。


f:id:gakushoku2016:20200104165950j:image

 

変な時間に訪れたのでランチは既に終了。代わりに夕食の「工大ランチA 300円」をセレクト。

 

白身魚のあんかけフライ(白身魚って何だろう?)

 

津田沼キャンパスの学食もそうだったが、他の大学に比べると各メニューが全体的に100〜150円は安い。CITサービスという大学独自運営だから、コストを抑えられるのかもしれない。

 

味はまずまず。但し、ご飯の量は他校の大盛。


f:id:gakushoku2016:20200104165947j:image

 

購買で校名入りのボールペン 100円をお土産に今回の学食巡りは終了するのであった。

 

f:id:gakushoku2016:20200104223106j:image

学食巡り 274食目 明海大学 浦安キャンパス

久しぶりの千葉学食巡り。

今回は明海大学 浦安キャンパス。

JR京葉線 新浦安駅から徒歩で10分ほど。

 

明海大学と言えば、「東京ディズニーランドが近くにある」、「不動産学部のある大学」、そして「ジローラモの出身大学」という事しか浮かばなかったが、果たしてどんな大学なのか、実際に足を運び、この目で確かめてきた。

 

f:id:gakushoku2016:20191211141346j:image

 

キャンパスは近隣住民にも開放されている様子で、ちびっ子達が無邪気に遊んでいた。

またこちらの大学に限らず、全面禁煙化の大学が増えている。これもまた時代の流れであろう。

学長は嫌煙家なのだろうか?

 

f:id:gakushoku2016:20191231211512j:image

 

建物は大学というよりも公共機関(市役所や病院)のような印象を受けた。

中央のローマ劇場型のステージは学園祭で活躍しそうな場所だな。


f:id:gakushoku2016:20191231211528j:image

 

立派な陸上競技場。


f:id:gakushoku2016:20191231211455j:image

 

学食はマリーンズ。

このネーミングは千葉だからか?


f:id:gakushoku2016:20191231211534j:image


学食はメニューが豊富で、どれも皆美味しそうだ。またアジア系を中心に留学生の姿が目立つ。彼らの為なのか、ハラールメニューも設けられていた。

 

f:id:gakushoku2016:20191231212257j:image

 

「とくだ値!ランチ 440円」

韓国風豚もつの煮込み 小鉢付き(サラダかプリン)。

 

留学生仕様なのか、辛い。しかしながら、コクがあって美味しかった。

漬け物セルフでサラダも付いて440円とは、まさに'' とくだ値っ!!''

しかもボリュームもあるし、コスパ最高!!


f:id:gakushoku2016:20191231211458j:image

 

食事を終え、購買に立ち寄り、いつもの校名入りのボールペンをお土産に買って次の目的地へと向かうのであった。 80円


f:id:gakushoku2016:20191231211508j:image

学食巡り 273食目 東京芸術大学 上野キャンパス

成田空港からの帰り道、「どこかでランチを…」と思っていた矢先、まだ東京芸術大学に行っていない事を不意に思い出し、上野駅で途中下車してみた。

 

キャンパスは道路を挟んで音楽学部と美術学部に分かれている。周囲には国立博物館や西洋美術館、科学美術館などの文化、芸術施設が建ち並び、都会の中にあって落ち着いた雰囲気が漂う。

 

一先ず音楽学部側にある食堂でランチする事にした。タイから帰国し、兎にも角にもお腹が空いているのだ。

 

f:id:gakushoku2016:20191122105516j:image

 

大学会館内にある、キャッスル。

学生の昼休みの時間帯は一般利用不可なので注意。


f:id:gakushoku2016:20191226183213j:image

 

中に入ると長年こちらで働いていたマスターの訃報が目に留まった。

きっと多くの学生や教職員の方々に慕われた存在だったのだろうな。

 

f:id:gakushoku2016:20191226183236j:image

 

ランチタイムを優に過ぎていた為、食堂内はひっそりと静まり返っていた。

また学生達も群れる事なく、思い思いに過ごしている様子である。


f:id:gakushoku2016:20191226183220j:image

 

盛り合わせ定食 550円。

チキンのレモンバジル焼き、コロッケ、焼肉の盛り合わせ。昔ながらの洋食屋にありそうなメニュー。品の良さの中にもボリュームがあり、お腹いっぱいになった。


f:id:gakushoku2016:20191226183223j:image

食事を済ませ、今度は反対側の美術学部へと移動する。

 

f:id:gakushoku2016:20191226213413j:image

 

予想に反して、キャンパスは意外と小さかった。

しかしながら、歴史ある建物が多く現存するのは流石、東京芸大と言ったところだ。

 

f:id:gakushoku2016:20191226230633j:image

 

無造作に置かれた丸太。

どんな作品に生まれ変わるのだろうか?


f:id:gakushoku2016:20191226230636j:image

 

2018にオープンした芸大アートプラザ。

美術学部長の日比野克彦氏を始めとする、芸大OBOGデザインの各種グッズが販売されている。

ピアノ型のマグネットと校名入りボールペンを購入。


f:id:gakushoku2016:20191226214117j:image


灼熱のタイから一気に現実に戻ったような今回の学食訪問であった。日本は寒い!!

 

f:id:gakushoku2016:20191226230911j:image

季節外れの福袋

今更…なのですが、昨年の夏に訪れた「京阪沿線 ぶらり学食めぐり スタンプラリー」の景品が当選したので紹介しておきます。f^_^;

 

実は秋くらいに届いていたものの、ものぐさな性格が災いして撮影するのをズルズルと先延ばしてしまい、新年の福袋と称して、ようやくアップしてみました。

途中で何度も挫けそうになりながらも、諦めずコンプリート達成した甲斐があったというものです。

 

昨年はこの京阪沿線学食スタンプラリーに限らず、これまで以上に国内外問わず各地の大学を訪ねた一年でした。

オリンピックイヤーの2020年はどんな学食に巡り合えるのか楽しみです。

 

f:id:gakushoku2016:20191217123404j:image

学食巡り 272食目 タイ商工会議所大学

学食男、電車の車両トラブルにより、まさかの帰国便に乗り遅れるという大失態を犯し、新たなフライトまでポッカリと時間が空いてしまった。

そこで迷う事なく空港を抜け出し、バイクタクシーに跨って、とある大学へと向かう。

 

その大学とは、University of the Thai Chamber of Commerce、すなわち、「タイ商工会議所大学」。

 

これまでも「ものつくり大学」や「甲子園大学」、「京都工芸繊維大学」など、ユニークな学校名に惹かれて大学を訪ねてきたが、「タイ商工会議所大学」という大学を偶然にも発見してしまい、余裕があれば行ってみたい!と密かに機会を窺っていたのだ。

 

「ここで行かなきゃ、いつ行くのだー!」

 

f:id:gakushoku2016:20191219141249j:image

 

校門前にいた警備員のお兄さんに許可を得て中に入ると大きな広場が現れた。

そして一際目を引く巨大なオブジェ。

天気も良く、且つインスタ映えしそうな場所故に沢山の学生達が撮影に興じていた。


f:id:gakushoku2016:20191219180121j:image

 

「商工会議所大学」というお堅い名前からはイメージし難い、可愛らしい犬のオブジェ。


f:id:gakushoku2016:20191219180112j:image

 

この日は校内でイベントが開催されるのか、至る所で準備をしていた。学園祭?


f:id:gakushoku2016:20191219180118j:image

 

f:id:gakushoku2016:20191219182704j:image

 

f:id:gakushoku2016:20191219181949j:image


f:id:gakushoku2016:20191219183912j:image

 

一通り散策し、いよいよ本題の学食。

草木に覆われて探すのに苦労したが、学生に聞いて無事に辿り着けた。

 

f:id:gakushoku2016:20191219182653j:image

 

前回、前々回のタマサートとチュラロンコーン大と比べると一般利用者らしき人は皆無。

しかしながら、このアウェイの状況下で食事するのが格別なのだ。


f:id:gakushoku2016:20191219182700j:image

 

当然の如く、メニューもタイ語オンリー。

幸い、写真があるので食べたい物を指させば良い。



f:id:gakushoku2016:20191219182707j:image

 

今回食べたのはこちら。

 

おかず三品+茹で卵が載ったぶっかけ飯。

40バーツ。

レッドカレー、野菜炒め、砂肝の生姜煮。完全に現地仕様の味で激辛。

 

そして、謎の黄色いお茶。

10バーツ。

学食のおばちゃんが「全然甘くないわよ」と言っていたのに激甘だったぞ。(^◇^;)


f:id:gakushoku2016:20191219182657j:image

 

今回、飛行機に乗り遅れていなかったら、訪れる事はなかったタイ商工会議所大学。

意気消沈していた僕の気持ちを見事に払拭させてくれた!

 

タイの学食は日本や他の国とも異なり、開放的で一般利用者も犬や猫も、そして鳥達も気軽に受け入れてくれる寛容的な空間であった。


海外学食巡り 第四弾タイ編 おしまい


f:id:gakushoku2016:20191219182640j:image

学食巡り 271食目 チュラロンコーン大学

タイ最古の歴史を持ち、最難関大学として名高いチュラロンコーン大学。

幸い、宿泊していたホテルから近かったので、徒歩で訪ねてみた。

 

f:id:gakushoku2016:20191118030350j:image

 

地図を見る限り、敷地はかなり広く、それぞれの学部ごとに建物が分かれている。

 

f:id:gakushoku2016:20191222165314j:image

 

その影響からか、キャンパス内には巡回バスが運行されていた。


f:id:gakushoku2016:20191222165320j:image

 

こちらはレンタサイクル。

因みにスクールカラーはピンク。


f:id:gakushoku2016:20191222165317j:image

 

ユニークなデザインと伝統的な建物が混在する独特なキャンパス。散策していても全く飽きないな。

 

f:id:gakushoku2016:20191222220159j:image


f:id:gakushoku2016:20191222220202j:image


f:id:gakushoku2016:20191222171203j:image

 

f:id:gakushoku2016:20191222214543j:image

 

芸術学部の辺りを歩いていたら、見覚えのある壁画を発見!!

タイでは仮面ライダーがかなり人気だと聞いていたが、名門大学のキャンパスで見かけるとは!!

日本人としてこれ以上嬉しい事はない。


f:id:gakushoku2016:20191222171222j:image

 

キリのいいタイミングで食事に。


f:id:gakushoku2016:20191222171225j:image

 

芸術学部の近くの学食だからか、女子大生が目立つ。


f:id:gakushoku2016:20191222171215j:image

 

食べたのはこちら。

 

ご飯の上に魚の唐揚げ、ニラレバ炒め、野菜炒めが盛られたぶっかけ飯。30バーツ。

 

屋台メシのように豪快に盛られた感じが食欲をそそられる。アロイ!!(美味しい)

辛さも控えめで日本人の口に合う。


f:id:gakushoku2016:20191222171200j:image

 

まだまだお腹空いていたので、学生寮に併設された学食へハシゴする。


f:id:gakushoku2016:20191222214039j:image

 

壁が金網で作られており、風が抜けて心地よい。時折、小鳥や野良猫、そして自転車に乗った学生が学食内を往来する何とも脱力感満載なムードに癒される。



f:id:gakushoku2016:20191222214052j:image

 

先程の学食に比べると一般利用者らしき人は皆無。



f:id:gakushoku2016:20191222214055j:image

 

二食目は麺。25バーツ。

チャーシュー、厚揚げ、挽肉、空芯菜、蒲鉾、もやし、さつま揚げみたいな具材が入った麺。

さっぱりした味でこちらも美味しかった。


f:id:gakushoku2016:20191222214049j:image

 

帰りがけに購買に立ち寄り、このブログお馴染みの校名入りボールペンを初め、各種お土産を購入し、この日の学食巡りは終了するのであった。大満足!!


f:id:gakushoku2016:20191224164331j:image