アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 193食目 東京農業大学 厚木キャンパス

今日の学食巡りは、厚木にある東京農業大学

以前に世田谷キャンパスは訪れた事があるが、果たして今回はどんな感じだろうか?

 

小田急本厚木駅から神奈中バスで15分、厚木キャンパスに着いた。

 

f:id:gakushoku2016:20180820151137j:image

 

キャンパスは高台にあり、見晴らしはいい。

 

f:id:gakushoku2016:20180820151533j:image

 

元々農場だった敷地内にキャンパスを設立した経緯からか、多くの農場やビニールハウス、動物舎などが建物を取り囲むように設置されている。

 

f:id:gakushoku2016:20180820184357j:image

 

農業大学らしさを存分に堪能出来るキャンパスと言えよう。

 

f:id:gakushoku2016:20180820152539j:image


f:id:gakushoku2016:20180820152606j:image

 

因みに奥に見える白い建物は、隣の湘北短大。

 

f:id:gakushoku2016:20180820223014j:image

 

さて、学食。

生協運営で本部棟に併設された「レストランけやき」。

 

f:id:gakushoku2016:20180820185009j:image

 

この日は夏休み中だった為、短縮営業だった。

 

f:id:gakushoku2016:20180820214502j:image

 

今回食べたのがこちら。

 

冷麺(中) 432円

カレー(小) 226

 

f:id:gakushoku2016:20180820221002j:image

 

カレーは、やや辛めなビーフカレー
味はいわゆる学食のカレーと言った感じ。

一方の冷麺は、夏季限定の盛岡風冷麺。麺に弾力がかなりあり、暑さ厳しい季節には打ってつけ。中サイズだが量は多め。さっぱりしていて美味しかった。

 

夏休みにもかかわらず、沢山の学生(女子学生が多め)がいた。また水筒ぶら下げた親子連れや熟年夫婦、解体工事中の作業員、そしてこのアラフォー学食男など様々な人達が入り乱れるランチタイムであった…。


f:id:gakushoku2016:20180820214447j:image

 

帰りに友達へのお土産(カムカムドリンク、ノート、シール)を買って本日の学食巡りは無事終了した。

 

夏休み期間中は短縮営業は勿論、休業する学食も多く、自ずとこの学食巡りも滞りがちになってしまうな。

 

f:id:gakushoku2016:20180820235419j:image

学食巡り 192食目 東洋大学 板倉キャンパス

白鷗大学を後にし、次の目的地 東洋大学 板倉キャンパスを目指した。

ちなみに先ほどの白鷗大学は栃木の小山市だったが、茨城の古河、埼玉の加須を経由し、これから群馬の板倉町へと向かうのだ。

この辺りはこれら四県が複雑に入り混じる、何とも不思議な地形だ。

 

f:id:gakushoku2016:20180731164519j:image

 

徒歩で県を越えていくと、学食巡りも一層旅をしている気分になる。地方遠征ならではの醍醐味だな。景色も素晴らしい‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20180731164626j:image

 

徒歩と電車を乗り継いで最寄りの板倉東洋大学前駅に着いた。

 

f:id:gakushoku2016:20180731165555j:image

 

気温を確認すると、37°C。

先ほどまでいた小山よりも明らかに暑い。

周りにいる女子大生は皆、日傘を差していた。

 

f:id:gakushoku2016:20180731185146j:image

 

大学に到着。

 

1997年開設の板倉キャンパスは生命科学部、食環境科学部の学生が学んでいる。

また周囲は板倉ニュータウンと呼ばれる地域で、群馬県が開発を進める一画に位置している。周りは未開発な土地がちらほらと目立つ。

 

f:id:gakushoku2016:20180731185654j:image

 

こんな時は自ずと木陰を探して歩いてしまうものだ。

 

f:id:gakushoku2016:20180731190530j:image

 

キャンパスはコンクリート打ちっ放しの洗練された建物であった。

 

f:id:gakushoku2016:20180731190815j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180807223942j:image

 

洗練された中にも自然とうまく調和した感じで落ち着く雰囲気。


f:id:gakushoku2016:20180807223947j:image

 

一通り散策を終えたところで学食。

こちらのキャンパスにはメインのCAPATINAという食堂があるのだが、あいにく僕が訪ねた時には試験期間中だからか?、既に営業終了していた。

落胆しているとカフェらしきのぼり旗を見つけたので、藁にも縋る思いで中へ入る。

 

f:id:gakushoku2016:20180807224518j:image

 

店名は「Basic coffee」。

学食と言うよりもコーヒーをメインとした小規模なカフェである。


f:id:gakushoku2016:20180807224514j:image

 

フードメニューはサンドイッチとカレーがあったが、''大盛り無料''に惹かれてポークカレーにした。380円。

味はやや甘め。手作り風で美味しかった。


f:id:gakushoku2016:20180807224524j:image

 

危うく久々の'' 学食未遂 '' になりそうになったものの、何とか食事する事が出来て一安心。

 

いつもの首都圏とは違い、今回は公共交通機関が少なく予想以上に移動が困難であった。学食巡りをする際には時間にゆとりを持って臨んだ方が賢明だ。若しくは車やバイクが効率いいかも。

それにしても暑かった…。

 

f:id:gakushoku2016:20180923122652j:image

学食巡り 191食目 白鷗大学 大行寺キャンパス

今回は少し足を伸ばして北関東にある2つの大学を訪ねてみた。

 

先ずは初登場、栃木県。

JR小山駅から徒歩で約20分、途中思川を渡り、本日の目的地に着いた。

駅からはスクールバスが頻発しており、大半の学生はそれを利用すると思われる。

橋から見た景色は必見!!

 

f:id:gakushoku2016:20180731140951j:image

 

今回訪れる白鷗大学は1986年に設立された。

こちらの大行寺キャンパスでは経営学部・法学部1年・教育学部短期大学部・大学院経営学研究科の学生が学んでいる。

 

f:id:gakushoku2016:20180731181242j:image

 

また、大学の校歌をチェッカーズの数々の楽曲でお馴染みの売野雅勇&芹澤廣明両氏が手がけている。ちなみに売野雅勇氏は栃木県出身。

 

ここから試聴出来ます。

http://hakuoh.jp/about/about_05.html

 

f:id:gakushoku2016:20180807173937j:image

 

正門にいた守衛さんに一言告げて、早速学食を目指す。


f:id:gakushoku2016:20180731180611j:image

 

学食は二号館にある、Chez moi (シェモア)。

 

f:id:gakushoku2016:20180814000626j:image

 

地産地消メニューの黄金豚丼が非常に気になるもこの日は販売していなかった。

不思議と学食巡りでこのような特別メニューにありつけた試しが無い。ぐ…ぬぅ…。


f:id:gakushoku2016:20180814000555j:image

 

その代わりに日替わり定食A 揚げ鶏のきのこあんかけにした。380円。

学食入り口にある券売機で予め食券を購入し、カウンターで受け取るシステム。


マッシュルーム、えのき、しめじなどの多種類なキノコとあんかけが唐揚げにかかった一品。ショウガが効いていてアクセントになっていた。美味しい。

汁物は澄まし汁。具材はじゃがいもとワカメ。
ゴボウサラダが添えられていた。
このメニューに限らず、全体的に値段が良心的だった。地方だからか…?

 

この日は試験期間中の為か、学食内には開店前から大勢の学生がいたので、隅っこの方で細々と食事をした。完全アウェイ。


f:id:gakushoku2016:20180814000612j:image

 

そして、食後の運動がてらキャンパスを散歩してみる。

 

f:id:gakushoku2016:20180814002743j:image

 

実は3年前に台風による大雨の影響で思川が氾濫し、キャンパスが水没してしまったのだが、こうして歩いている限りでは微塵も感じない。

 

f:id:gakushoku2016:20180814004203j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180814004528j:image

 

自分が今歩いている場所が水没していたなんて…。

 

f:id:gakushoku2016:20180814002557j:image

 

それにしてもすっかり復興しているのが驚きである。日本の復興への迅速な対応はいつもながらに驚かされる。

f:id:gakushoku2016:20180814002507j:image

 

水害の後、グラウンドも人工芝に改修したそうだ。

また、学食以外にも松屋やお弁当屋、それにたこ焼きの屋台まであったので、天気がいい日には弁当片手に思川沿いの土手で食事したら気分いいかも。

春には桜満開になるらしいし。


f:id:gakushoku2016:20180814002527j:image

 

帰りに校名入りのボールペンを購入しようとするも生憎売っていなかった。

 

一通り散策を終えたところで次の大学を目指し、移動するのであった…。

 

f:id:gakushoku2016:20180815084731j:image

学食巡り 190食目 日本体育大学 健志台キャンパス

先日、横浜美術大学を訪れたが、今回はその隣にある日本体育大学を訪問した。

 

田園都市線 青葉台駅から路線バスで10分少々、日本体育大学 健志台キャンパスに到着。

バスの中は日体大生と横浜美大生がいて、非常に判別し易かった。笑

 

スクールカラーがまるで異なる両校だが、果たして交流があるのかが個人的には気になる所である。

 

f:id:gakushoku2016:20180727134425j:image

 

日本を代表する体育大学故に、錚々たるメンバーが連なる。

 

f:id:gakushoku2016:20180727194805j:image

 

正門にいた守衛さんに一言声を掛けて中へ…。

 

f:id:gakushoku2016:20180727204448j:image

 

キャンパスはかなり広く、各種競技施設が充実していた。以前に世田谷キャンパスを訪れた時には、意外にも体育大学らしさをそこまで感じる事はなかったのだが、この環境といい、キャンパスにいる学生といい、健志台キャンパスは体育大学のステレオタイプそのものである。

 

f:id:gakushoku2016:20180727204015j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180727204658j:image

 

そして学生の8割くらいは、Tシャツにハーフパンツ、スニーカー or サンダル、そして鍛え抜かれた肉体…みたいな風体だった。リアルに…。

おそらく、日本全国から集結したトップアスリート達なのだろう。

 

f:id:gakushoku2016:20180727204945j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180727205206j:image

 

さて、学食。

112号館にある。入り口にある赤い柱が目印だ。

 

f:id:gakushoku2016:20180727210318j:image

 

学食は他にもあったが、今回は前々から目を付けていた「選手村」で食べる事に決めていた。


f:id:gakushoku2016:20180727210250j:image

 

「選手村」

 

体育大学の学食として、これ以上相応しいネーミングは無いだろう‼︎ 


f:id:gakushoku2016:20180727210337j:image

 

メニューはA,B,Cの3種類のアスリートランチと餃子定食のみ。各種500円。

 

入り口の券売機でチケットを購入後、正面のカウンターでメインのおかずをもらい、あとはセルフで盛り付けるシステム。

ユニークだったのが、自動ライスマシン。

予め100〜400gのボタンが設定されており、自分で調整出来るのだ。アスリートは自己管理が大切だからな。

 

f:id:gakushoku2016:20180728154146j:image

 

空いている席に座って実食!!

 

アスリートランチC 肉野菜炒め

メインの肉野菜炒めは大衆食堂で食べるような素朴な味わい。

汁物は茄子が入った中華風スープ。

サラダ、漬け物、デザート(イチゴゼリー)が付く。

これだけ品目があり、且つライスはおかわり自由で500円とはかなりコスパが良いと思う。

仲間内でワイワイと食べたら一層楽しめそうだ。オススメ◎

 

f:id:gakushoku2016:20180728153624j:image

 

食事を済ませ、外に出ると再び熱気が立ち込めていた。ミスト付きのベンチで少し休憩して帰宅した。

今回は普段見る事が出来ない光景が沢山あり、非常に楽しい学食巡りだった。

今度はメインのグレートライオンで食事してみたい。

 

f:id:gakushoku2016:20180728154926j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180809221344j:image

 

「エーッサッサ‼︎ 」

 

「エーッサッサ‼︎」


f:id:gakushoku2016:20180728154956j:image

学食巡り 189食目 法政大学 小金井キャンパス

東京農工大学の学食巡りを終えて、今度は反対側にある法政大学へと向かった。

 

f:id:gakushoku2016:20180725213738j:image

 

この日の小金井市の気温は37°C。

焼け付く暑さの中を法政目指してフラフラになりながらも直進する。自ずと足取りも重くなり、法政大生と思われる若者らに次々と抜かれていく…。これがアラフォーとの差なのか⁉︎

 

f:id:gakushoku2016:20180725215322j:image

 

東京農工大を出発してから約25分、ようやく着いた。


f:id:gakushoku2016:20180725215256j:image

 

守衛さんに学食の旨を伝えて中へ。

 

f:id:gakushoku2016:20180725215854j:image

 

ここ小金井キャンパスでは、情報科学部・理工学部生命科学部の学生が学んでいる。


f:id:gakushoku2016:20180725215912j:image

 

キャンパスは住宅街に囲まれており、理系らしい、こざっぱりとした印象を受けた。学生も他の法政のキャンパスに比べると男子が多く、大人しめの学生が目立つ。


f:id:gakushoku2016:20180725215834j:image

 

学食はメインの生協の他にジャパンウェルネスが運営する J's kitchenがある。

生協は他の大学でも食べられるので後者を訪ねる事にした。管理棟3階。

 

f:id:gakushoku2016:20180728190416j:image

 

沢山の学生で賑わう生協と比べると、こちらは静かな雰囲気。

券売機でチケットを購入し、カウンターで受け取るシステム。

 

f:id:gakushoku2016:20180728191019j:image

 

「暑い夏にはカレーだろっ‼︎」という事で、今回食べたのがこちら…。

 

スパイシーレッドカレー 490円。

 

素揚げした野菜がトッピングされた、辛さが引き立つタイ風エビ入りカレー。
辛さで猛暑を乗り切ろうと試みるも辛過ぎて大量に水を飲む羽目に…(;´д`)

それから、タイカレーとは言え、カレーにしては値段も高いかも。

 

先程の東京農工大の学食のインパクトが強過ぎたか、正直物足りなさを感じずにはいられなかった…。


f:id:gakushoku2016:20180728190338j:image

先日の明治に引き続き、法政も3つあるキャンパスを制覇してしまった。

日大、東海大はかなり大変なので、まずは東洋大慶應辺りをコンプリートしてみたい!

学食巡り 188食目 東京農工大学 小金井キャンパス

今日の学食巡りは「小金井市縛り」と題し、東京農工大学と法政大学を訪ねたぞ!

 

先ずは東京農工大学

JR中央線東小金井駅を降り、徒歩10分程で到着。駅からだと東門が近いのだが、敢えて正門より入場してみた。

 

f:id:gakushoku2016:20180724192354j:image

 

東京農工大学は文字通り、農学部と工学部の国立大学で小金井にあるのは工学部。

しかしながら、表札に工学部ではなく、工学府?と記載されていて一瞬戸惑うも大学院の事と合点した。最高学府って言うもんな。

今回は時間の都合で行かれなかったが、博物館も併設されているので興味ある方はどうぞ!


f:id:gakushoku2016:20180724192321j:image

 

中に入ると、至る所高い木々に囲まれており、強烈な日差しを遮ってくれているようだ。

 

f:id:gakushoku2016:20180724221123j:image

 

ジグザグな坂道。

ロボットでも歩かせて実験でもするのだろうか?

 

f:id:gakushoku2016:20180728164016j:image

 

中庭の池。

鯉が泳いでいた。

 

f:id:gakushoku2016:20180812075957j:image

 

学食は生協と東京農工大学 140周年記念会館内のエリプスの二つ。

 

f:id:gakushoku2016:20180812080420j:image

 

生協は他の大学でも食べられるので、今回はエリプスにした。運営はグリーンハウス。


f:id:gakushoku2016:20180812080458j:image

 

中に入るとこんな貼り紙が…⁉︎

我々はあくまでも部外者なので、一般利用する際には配慮とマナーが必要だと思う。

 

f:id:gakushoku2016:20180812080533j:image

 

学食内に入ると、清潔感のある印象を受けた。

また、焼きたてパンも販売しており、女子学生に人気だった。


f:id:gakushoku2016:20180812080515j:image

 

今回は、「スタミナをつけて猛暑を乗り切るぞ!」という意味合いを込めて、Sランチの ビーフステーキにした。660円。


ソースはペッパー&オニオン、おろしの2つから選べたが、前にいたぽっちゃり君に見習い、両方試してみる事に。

他の学食と同じく、ステーキはオーダーが入ってから焼くので時間かかるが、その分アツアツジューシーな状態で食べる事が出来る。

二つのソースとも相性が良く、めちゃくちゃ美味しかった。


f:id:gakushoku2016:20180812080440j:image

 

更にライスの皿が上げ底ならぬ、下げ底になっているのが嬉しい。ライスも大、中、小と選べた。

 

f:id:gakushoku2016:20180822211801j:image

 

今日はお腹いっぱい食べられて大満足。他のメニューも全体的に美味しそうだったぞ。おすすめ◎

 

帰りがけに学校名入りのボールペン(86円)を購入し、次の目的地 法政大学へと向かう学食男であった。

 

f:id:gakushoku2016:20180812080841j:image

学食巡り 187食目 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス

灼熱の東海大学 学食巡りを終え、再び小田急線に乗り、湘南台駅へ…。

そこからバスに乗り、本日二校目の慶應義塾大学へ向かった。

 

f:id:gakushoku2016:20180718153726j:image

 

15分程で到着。

 

f:id:gakushoku2016:20180721015205j:image

 

1990年に設立されたこちらの湘南藤沢キャンパス(略称SFC)は、典型的な郊外型のキャンパスらしく、自然とうまく調和した抜群の環境である。

総合政策学部環境情報学部、そして看護医療学部の学生が学んでいる。

 

f:id:gakushoku2016:20180722075910j:image

 

SFCが設立された時の事は覚えていて、当時は何か最先端な学問を学ぶ近未来的キャンパスと言う印象を抱いていた。

 

そのイメージ通り、随所に近未来な雰囲気が漂っていた。

 

f:id:gakushoku2016:20180722080107j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180722210634j:image

 

f:id:gakushoku2016:20180723010948j:image


f:id:gakushoku2016:20180722210620j:image


f:id:gakushoku2016:20180722210704j:image

 

更に建物の名称もギリシャ文字を使用しており、そのイメージに一翼を担っている。

こちらはΩ館。

 

f:id:gakushoku2016:20180723011352j:image

 

創立者福沢諭吉先生も和装より、宇宙服を着た方がここでは様になりそうだ。


f:id:gakushoku2016:20180723011414j:image

 

さて、肝心の学食。

今回はΣ館のLADYBIRD CAFEで食べる事にした。

 

f:id:gakushoku2016:20180723011822j:image

 

中に入ると、こじんまりとした落ち着きのある佇まいのカフェだった。

また学生達がパソコンで各自作業する姿が目立つ。

 

カウンターで商品を注文し、自分の席まで持って来てくれるシステム。水はセルフ。

f:id:gakushoku2016:20180723011805j:image

 

今回食べたのはコチラ。

台湾風鶏肉飯 500円。

 

茹でた青菜とほぐした蒸し鶏をご飯の上に盛り付け、中華風のタレをかけた一品。
暑い日にはうってつけのサッパリメニューで食べ易かった。

手軽に作れそうだし、今度挑戦してみようと思う。


f:id:gakushoku2016:20180723011854j:image

 

今回の学食巡り、お腹も満たして無事に終了。

 

f:id:gakushoku2016:20180723015252j:image

 

二両連結のバスに乗り、慶應大学を後にした…。

 

f:id:gakushoku2016:20180723014116j:image