アラフォー男、学食巡る。

20年前に大学生だった男が、学生時代を懐かしむと共に各大学の学食を食べ歩くブログ。

学食巡り 138食目 中京大学 名古屋キャンパス

同朋大学で朝から癒された後、今回の学食遠征ラストの中京大学へ向かった。

 

f:id:gakushoku2016:20170719143816j:image

 

地下鉄名城線 八事駅から徒歩5分、登り坂のカーブに沿うようにしてキャンパスがあった。

なかなかユニークな作りである。

 

f:id:gakushoku2016:20170713162515j:image

 

門があったので中に入る。

 

f:id:gakushoku2016:20170719141348j:image

 

中に入ると繁華街の喧騒から解放されたかのような静かな空間が広がっていた。

 

f:id:gakushoku2016:20170719141718j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170719142253j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170719142402j:image

 

個人的にオススメだったのが、ガレリアと呼ばれる吹き抜けのスペース。

厳しい暑さも凌げそうな快適な空間だ。

 

f:id:gakushoku2016:20170719142504j:image

 

学食はキャンパス内にいくつかあるが、今回はセンタービルにあるフードコート「プレジール」で食事する事にした。

こちらの大学でも「きしめん」が麺類の定番だった。愛知の学食ならではの光景である。

 

f:id:gakushoku2016:20170719143625j:image

 

今回は、「本日の鉄板ランチプレート」を選択。

500円。

日替わりでメニューが変わるのだが、この日は麻婆豆腐。

熱々を提供してくれるのは有難いが、そもそも麻婆豆腐って鉄板で食べたりする?笑

味噌汁はワカメ。やや赤出汁。
個人的には唐揚げの衣がクリスピーで美味しかった。

 

f:id:gakushoku2016:20170719144702j:image

 

熱々の鉄板麻婆豆腐を食べ終わる頃になると、お昼休みになったのか、続々と学生達がランチを食べにやってきた。

券売機の前では長い行列が出来ていたので、ラストの余韻に浸る事も無く、さっさと退散する事にした。笑

 

f:id:gakushoku2016:20170719144818j:image

 

中京大学と言えば、浅田真央安藤美姫、それに室伏広治などのアスリートが浮かぶのだが、こちらの名古屋キャンパスに限って言えば、体育会系の雰囲気は微塵も感じられなかった。

豊田にも別のキャンパスがあるので、おそらくそちらが「スポーツの中京大学」なのだろう…。

 

f:id:gakushoku2016:20170720172343j:image

 

常葉大学浜松キャンパスを皮切りに訪れた、今回の学食遠征の旅。

初めての試みでどうなるか未知数ではあったが、トラブルもなく無事に完食する事が出来た。

次回は関西辺りにでも遠征しようと思う。

 

ごちそうさまでした!!

 

f:id:gakushoku2016:20170720170807j:image

学食巡り 137食目 同朋大学/名古屋音楽大学

名古屋方面への学食遠征も早くも最終日‼︎

この日は宿泊したホテルに近い同朋大学の学食を訪ねた。

 

こちらの敷地内には系列の名古屋音楽大学があり、更に言うと、付属高校や幼稚園も併設されている。

名古屋駅からも近いが、いわゆる都会の喧騒みたいなものは微塵も感じられず、周囲はゆったりとした時間が流れていた。

 

f:id:gakushoku2016:20170628174156j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170628174740j:image

 

実は子供の頃、プロ野球選手名鑑をよく読んでいたのだが、その中で西武や巨人で活躍した豊田清投手の出身大学が「同朋大学」だったのがやけに印象に残っていた。

いわゆる野球の名門校ではなく、愛知の大学で馴染みなかったからかもしれないが、今回密かにこの大学を訪ねるのを楽しみにしていた。

 

ちなみに、豊田投手本人も非名門校からプロ野球選手になった事を自負しているらしい。

僕自身も決してエリート街道を歩んでいた訳ではないので、何だか妙に共感出来る。

 

f:id:gakushoku2016:20170628175207j:image

 

同朋大学は文学部と社会福祉学部から成る。

キャンパスは実にオープンな感じで学食も一般に開放されている。この日も近隣のご老人がキャンパスを散歩していた。笑

以前訪れた大正大学もそうだったが、仏教系は誰でも気軽に受け入れる印象がある。

 

f:id:gakushoku2016:20170628225137j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170628230325j:image

 

学食は勝友館。

朝9時から営業。運営は国際フードサービス。

 

f:id:gakushoku2016:20170628230914j:image

 

開店直後に訪れたからか、中に入るとまだ準備している感じだった。

スタッフの方々が小鉢にオカズ入れていたり、食器を並べていたり、学食内を掃除していたり…。
何とも和気藹々とした雰囲気である。

 

f:id:gakushoku2016:20170628231515j:image

 

券売機もまだ販売されておらず、突然の訪問者に驚いた様子だった。

 

f:id:gakushoku2016:20170628231542j:image

 

せっかく名古屋に来たのだから、ご当地メニューを食べたいと思い、味噌カツ定食にした。410円。

「開店直後で揚げるのに時間かかる」と言われたので、しばし待つ。

 

それでも15分くらいで出来上がった。

 

揚げたての味噌カツは衣がサクサクで美味しかった。味噌汁は意外にも白味噌味噌カツとのバランスなのか?

具は刻みネギだった。

それからお茶が二つあるのは、まだお茶の準備が出来ておらず、スタッフの方が気を利かせて作りたての温かいお茶に氷を入れてくれたから。

 

f:id:gakushoku2016:20170628231151j:image 

 

食事を終え、落ち着いたところで売店に立ち寄ると同朋大学ではなく、隣接する名古屋音楽大学の校名入りのシャープペンがあったのでお土産に購入した。100円。

 

この両大学は系統がまるで違うものの、交流はあるのだろうか?気になるところである。

 

f:id:gakushoku2016:20170629014131j:image

 

豊田投手の母校、同朋大学は決して華やかで大きな大学ではないものの、ホスピタリティ溢れる居心地の良い空間でした。

 

何だか、朝一から面倒な客が来てしまって申し訳なかったです。 f^_^;

一応9時から営業しているけれど、そもそも朝からガッツリ食事をする人などいないのだろうな。特に音大生は女性ばかりだし。笑

 

f:id:gakushoku2016:20170629015041j:image

学食巡り 136食目 名城大学 天白キャンパス

南山ー名古屋大学と学食を巡り、本日ラストは名城大学

 

地下鉄 塩釜口駅下車5分ほどでキャンパスに到着した。

 

f:id:gakushoku2016:20170618230207j:image

 

名城大学は1949年に設立され、理系学部に定評のある大学として知られている。

2014年には同大学の赤崎勇氏が青色発光ダイオードノーベル賞を受賞したのを初め、東海地方の大学で志願者数が一番多かったり、名古屋ドーム前に新キャンパスを設立するなど、近年最も勢いのある大学の一つと言えるのではないだろうか?

 

あと個人的には、鯱鉾をあしらった大学の校章が名古屋らしさ全開で気になった。笑

かなり個性的である…。

 

f:id:gakushoku2016:20170619000954j:image

 

前置きはこのくらいにして、今回は主要学部が集結する天白キャンパスを訪問した…。

 

f:id:gakushoku2016:20170618230754j:image

 

夕方だった為、帰宅する生徒達とすれ違う。

 

f:id:gakushoku2016:20170626160024j:image

 

キャンパスは茶色を基調とした落ち着いた印象を受けた。何だか病院みたいな建物である。

 

f:id:gakushoku2016:20170626160356j:image

 

学食は共通講義棟北 地下にある名城食堂。

得てして、理工系がある大学は実験があるからか、ディナーも営業している事が多い。

この日は20時まで営業していた。

 

f:id:gakushoku2016:20170626160820j:image

 

中に入ると、男子学生が数人いるくらいで人はほぼいなかった。

これならば、なんの気兼ね無く利用出来そうだ。

食堂内も茶色がかった照明が落ち着いた雰囲気を醸し出している。さすがは発光ダイオードノーベル賞受賞者を輩出した大学だけの事はある。なるほど、照明には拘りがあるのだな。笑

 

 f:id:gakushoku2016:20170628102024j:image 

 

今日は昼間から学食巡りでまだまだお腹も空いていないので、さっぱりメニューのしらす丼 350円に、味噌汁50円とサラダ80円を選んだ。計480円。

券売機は無く、カウンター越しに直接支払うシステムだった。

 

f:id:gakushoku2016:20170628171357j:image

 

しらす丼は、メインの釜揚げしらすに、白ごま、ねぎ、鰹節を和えたものだった。
正直、想像していたものとは違ったのだが、夏の暑い時期や食欲無いとき、忙しい時には最適なメニューかもしれない。

自分でも手軽に作れそうなので、今度試してみようかと思う。

 

味噌汁は八丁味噌を合わせたようなやや赤出汁だった。具材は大根、油揚げ、豆腐。

給茶機ではなく、学食お馴染みの焦げ茶色のタンクに入れるタイプだった。

 

f:id:gakushoku2016:20170628172205j:image

 

食事を済ませ、本日の学食巡りは無事終了した。朝から三校も巡り、クタクタである。

なかなか来れないので、ついつい欲張り過ぎてしまった…。f^_^;

 

そして例によって帰りに売店で校名入りのボールペンをお土産に購入し、満腹感の中、初日を終えた。100円。

 

f:id:gakushoku2016:20170628172538j:image

学食巡り 135食目 名古屋大学 東山キャンパス

南山大学を後にし、徒歩で近隣の名古屋大学へ向かう。

移動している最中、白衣を着た研究者らしき人達や外国人の若者達と度々すれ違った。

先程までの雰囲気から一変したと思っていたら、すでに名古屋大学の敷地内にいたのだ。笑

 

f:id:gakushoku2016:20170615232053j:image

 

ざっと見渡した限り、かなり広そうだったので、総合案内所でキャンパスマップをもらってきた。

案内看板もこんな感じ。

 

f:id:gakushoku2016:20170615233942j:image

 

以前に訪れた筑波大学程ではないものの、それに匹敵する規模である。

 

東山キャンパスは地下鉄名古屋大学駅を境に、半分は文系校舎が建ち並ぶ北部地区と工学部がある南部地区、もう半分は理系地区に分かれている。

 

f:id:gakushoku2016:20170616184626j:image

 

理系地区が研究施設もあり、入り難い雰囲気が漂っていたのと、物理的に全て周るのは困難と判断し、今回は南北地区に絞って散策する事にした。

 

f:id:gakushoku2016:20170616183201j:image

 

GW明けでまだまだ新学期と言う事もあり、サークル案内の看板が陳列されていた。

 

f:id:gakushoku2016:20170616185552j:image

 

それから、例によって国立大お馴染みのキャンパス内に自転車が沢山止めてあった。

ホント、どういう訳だか私大では殆ど見かけない光景なんだよなぁ〜。

 

f:id:gakushoku2016:20170616185938j:image

 

最初、南部地区の学食を訪れたら超満員且つ、女子学生が多くて落ち着かなかったので、工学部がある北部地区の学食Mei-diningで食事することに。運営は生協。

 

f:id:gakushoku2016:20170616190237j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170616190845j:image

 

予想は見事に的中‼︎

北部地区の学食は基本的に一人で利用する男子学生が数人いるだけで、静かだった。笑

 

f:id:gakushoku2016:20170616224606j:image

 

今回は、「名古屋大学ベジタブルカレー」が目に留まり、これに挑戦してみた。480円。565cal

 

f:id:gakushoku2016:20170616225150j:image

 

こちらの名古屋大学ベジタブルカレー、留学生からの要望がきっかけに名古屋大学生協が半年の歳月をかけて、作ったものらしい。

豚肉や動物性油を使用せず、トマトベースのカレーに玉ねぎとひよこ豆、かくし味にココナッツミルクを加えた一品である。

留学生が約1700人もいる名大ならではのカレーと言ったところであろうか?

 

なお感想としては、トマトベースのカレーなので普段食べているのとは異なり、異国情緒溢れるカレーと言った感じ。

それと、留学生向けにしては然程辛くも無かった。

 

f:id:gakushoku2016:20170616230121j:image

 

カレーを食べ、帰り際に一階の購買で学校名入りのボールペンを購入して名古屋大学を後にした…。

ちなみに、今回食べた名大ベジタブルカレーのレトルトもこちらで販売されているので、お土産にどうでしょう? 

学食巡り 134食目 南山大学 名古屋キャンパス

前回の学食レポートで書いた通り、名古屋にやってきた。

学食遠征の旅、第1食目は南山大学

 

f:id:gakushoku2016:20170529081833j:image

 

全国的な知名度は然程高くはないかもしれないが、地元愛知では私大最難関の大学として君臨している。また上智大学と姉妹校であるからか、語学に力を入れている大学でもある。

 

f:id:gakushoku2016:20170529155423j:image

 

キャンパス内に入る。

都心にあるのだが、敷地自体が広くゆったりとした印象を受けた。すごく落ち着いたキャンパスだ。

 

f:id:gakushoku2016:20170601175117j:image

 

今日はお腹が空いたので、先に食事にする。

キャンパス内には幾つか学食があったが、今回僕が注目したのはココ‼︎

 

その名も…

 

「 DA・GA・NE 」

 

f:id:gakushoku2016:20170605220109j:image

 

おそらく…というか、絶対に名古屋弁の「〜だがね」が店名の由来かと思われる。

上品で落ち着いたキャンパスのイメージとのギャップに度肝を抜かれた。(・_・;

しかしながら、このギャップがむしろ親しみやすくていい。お洒落なネーミングだとそのままで何のひねりも無いし、'' 二枚目だけど気取らない感じ '' が東京の大学とは違うのかもしれない。

 

ちなみにこのネーミングで一昔流行った、EAST END な✖️ YURI のDA・YO・NE を連想した人は、確実にアラサー以上だと思う。

そう言えば、この曲のパロディ版で全国シリーズあったなぁ〜。

 

f:id:gakushoku2016:20170605221516j:image 

 

随分と脱線したので再び本題に戻そう。

 

「DA・GA・NE」の中に入ると、ランチ前で学生は然程多くはないものの、時折名古屋弁が聞こえて遠征に来た事を改めて感じた。

券売機はなく、入口の掲示板にある本日のメニューから好きなものを選び、カウンターで直接注文してお会計する仕組みだった。

 

f:id:gakushoku2016:20170607145819j:image

 

今回は、Bランチの唐揚げ柚子胡椒ソース、お好きな麺⇨きしめん、小ライス、お好きな小鉢(カツ煮)にした。420円。

漬け物は無料。

麺類できしめんが選択肢にあるのは、名古屋の大学ならではでないか?

あと箸が肌色で一瞬、割り箸かと焦る。笑

 

いざ、実食‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20170607145733j:image

 

近年、沢山の唐揚げソースがあるが、この柚子胡椒ソースも風味と辛さが唐揚げとマッチしていて美味しかった。

あと、 小鉢が10種類くらいの中から選べるのは嬉しい。

メインのきしめんを筆頭に、一度に沢山のモノが食べられて、かなりお得感があるランチと言った印象だった。

 

f:id:gakushoku2016:20170607212121j:image

 

DA・GA・NEで食事を済ませ、二階にある大学グッズショップで、ボールペン 247円、マグネット150円、クッキー 227円を購入。

さすがは愛知の名門大学だけあって、グッズが充実していた。

お土産も購入し、再び散策する事に…。

 

キャンパスは緑と一体化しているような感じで、都会にいる事を忘れてしまいそうな居心地の良さだった。

 

f:id:gakushoku2016:20170607231618j:image

 

良い具合に蔦が絡まっている。

 

f:id:gakushoku2016:20170609174812j:image

 

これも…。

 

f:id:gakushoku2016:20170609175110j:image

 

こちらは自然と融合し過ぎだな…。笑

 

f:id:gakushoku2016:20170609175007j:image

 

そして、グリーンエリアと呼ばれる芝生広場が個人的にすごく良かった。

芝生に座り、仲間と語り合う学生やランチをしている学生、はたまた昼寝に興じる学生など、ヨーロッパの公園の様な開放的な空間といったところか。

僕も思わずベンチに座ってのんびりしてしまった。ここはオススメ‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20170609175252j:image

 

それから、キャンパス内に人類学博物館が併設されていたのだが、実際に展示物に触れる事が出来た。今まで訪れた博物館では到底不可能な事だけに衝撃的だった‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20170609180909j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170609181004j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170609181518j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170609181614j:image

 

学食遠征の旅 第一弾の南山大学、洗練された雰囲気とユルい雰囲気が絶妙に入り混じった大学であった。

「もう一度大学生になれるならば、こんなキャンパスで学びたい!」と思わせるような素敵な環境だった。

 

学食遠征、幸先良いスタートだ‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20170609181710j:image

学食巡り 133食目 常葉大学 浜松キャンパス

アラフォー男、学食巡る。初めての試みとして、「学食遠征の旅」 と題し、長期休暇を利用して以前から気になっていた名古屋の大学を訪問してみた。

 

先ずはその前夜祭として、愛知の隣、静岡の常葉大学 浜松キャンパスでウォーミングアップする事に…‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20170522182807j:image

 

常葉大学の周りは山に囲まれ、田んぼが一面に広がる実にのどかな風景だった。

大学前を通る天竜浜名湖鉄道も、この田園風景と見事にマッチしている。ドラマのロケ地として使用したら良さそうだ。

 

f:id:gakushoku2016:20170522182435j:image

 

これまでに富士キャンパス、瀬名キャンパスと訪れたが、正門前には建つ創立者銅像を見て、改めて常葉にいる事を再確認した。

 

f:id:gakushoku2016:20170522183827j:image

 

キャンパス内は自然に囲まれているからか、大学というより、田舎にあるサークルの合宿所みたいな印象を受けた。

バーベキュースペースもあったので余計に…。

 

f:id:gakushoku2016:20170522191203j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170522190738j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170522191002j:image

 

学食は1号館にある 「ハマスター★ダイニング」。売店も併設されていた。校名入りボールペンが置いていなかったのが残念…。

 

f:id:gakushoku2016:20170522192650j:image

 

訪問したのが15時過ぎで、ランチ営業しているのか不安だったものの、幸い昼食にありつけてホッとした。

 

f:id:gakushoku2016:20170523014007j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170523014225j:image

 

この日は、日替わりランチが特別価格380円だったので迷わず購入。

 

f:id:gakushoku2016:20170523101715j:image

 

メインの豚バラレンコン(角煮)に中華スープ、デザートはみかんゼリーだった。

 

ご飯が多く、食べ盛りな大学生には丁度いい量だ。角煮とレンコンの相性もバッチリでご飯がすすんだ。美味しかった。

 

f:id:gakushoku2016:20170523102505j:image

 

それから、瀬名キャンパスでも似たようなモノを見かけたが、食堂内に謎の段差があった。

妙に高い柵で仕切られているが、喫煙席でも無いし気になる。もしかして、以前はリングがあり、ボクシングの試合を観ながら学食を食べる事が出来たのであろうか⁉︎

 

f:id:gakushoku2016:20170523102716j:image

 

また学食の外にはテラス席も設けてあり、新緑を眺めながらランチしたら、さぞかし気持ち良いんだろうなぁ〜。

 

f:id:gakushoku2016:20170525111339j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170526012043j:image

 

のんびりとした田園風景と美味しい学食を存分に堪能し終えた後、いよいよ今回の旅の本題である名古屋の学食巡りがスタートするのであった…。いざ都会へ‼︎

 

f:id:gakushoku2016:20170526012445j:image

学食巡り 132食目 静岡産業大学 磐田キャンパス

再び仕事で磐田に来たので、同市にある静岡産業大学の磐田キャンパスを訪れてみた。

 

前回、同大学の藤枝キャンパスでご馳走のようなトルコライス(http://gakushoku2016.hatenablog.com/entry/2017/05/01/215625)を食べのたが、今回はどんな学食に巡り合えるのか⁉︎

 

f:id:gakushoku2016:20170521171540j:image

 

キャンパス内に入ると、孔子の像とヤマハのバイクのエンジンがアラフォー学食男を迎えてくれた。

 

f:id:gakushoku2016:20170521171653j:image

 

ここ磐田市ヤマハの本社があり、Jリーグジュビロ磐田の本拠地でもある。至る所にジュビロの旗やマスコットキャラクターがあった。

街全体がクラブチームと一体化している様子がひしひしと伝わってきた。

 

f:id:gakushoku2016:20170521171714j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170521172358j:image

 

さて学食だが、「S☆カフェ」という名称でキャンパスの中心部に位置する。丁度ランチタイム時だったのもあり、学食内は沢山の学生達で賑わっていた。体育系の学科があるからか、ジャージ姿の元気そうな学生が目立つ。反面、それ以外の大人しそうな学生が心無しか肩身狭そうだったのが気になった。

 

f:id:gakushoku2016:20170521172640j:image

 

座席も満席でアラフォー男が付け入る隙が全く無いので、先に食券だけ購入してベンチに腰掛けながら少し待つ事にした。

 

f:id:gakushoku2016:20170521173235j:image

 

ランチタイムが過ぎ、 空いた所を見計らい中へ…。

今回注文したのは、日替わりランチ 410円。

メインの煮込みハンバーグにイチゴゼリー、ワカメの酢のもの、味噌汁…車麩、ねぎ、ワカメ、といった内容。

 

小鉢とデザートが付いているのは嬉しい。ハンバーグも甘めのソースとマッチしていて美味しかった。緑色のトレイはスクールカラーに合わせたのだろうか⁈

 

f:id:gakushoku2016:20170522094039j:image

 

食事を終える頃には、先ほどのランチタイムの喧騒が嘘のように落ち着いていた…。

 

やはり、アラフォー男には若者特有のウェーイなテンションはしんどい…>_<

 

f:id:gakushoku2016:20170522141028j:image

 

食事を済ませ、軽く散策して今回の学食訪問を終了した。

藤枝キャンパス同様、こちらの磐田キャンパスも学生の数に対して建物の規模が小さいように感じた。反面、グラウンドや体育館などの運動施設は充実している様子だったな。

運動を本格的にやりたい学生には最適な環境かもしれない。

 

f:id:gakushoku2016:20170522141415j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170522142008j:image

 

それから、至る所で見掛けた大学のゆるキャラ的なオバケ。

オバケスイッチ(夢に向かって学生自ら大化けする、学生を大化けさせる)なる、学長の方針から生まれたキャラクターである。

このオバケと並行して、しごとまなぶくんとゆめかなえちゃんなる新キャラクターを登場させ、テレビCMや広告などのメディア展開も積極的に行っている。

 

f:id:gakushoku2016:20170522142153j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170526022138j:image

 

f:id:gakushoku2016:20170526022222g:image